上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--



お待たせいたしました。本日はスタパ・ユンソナ編のレポです。

放送日:2003年9月8日(月)

まずは、ユンソナさん出演シーンのVTR。
8話で「どんな人だって一生懸命頑張ろうと思う人はみんな主役なんだから。」と、ニコりんを元気付けるシーンです。

VTRが終わって、ユンソナさんのトークへ。
古田新太さんの時にも使用した人物相関図を使っての説明です。

上田:「いいセリフ。」
ソナ:「いいセリフですね。」
上田:「どんな人だって一生懸命頑張る人はみんな主役。」
ソナ:「主役なんだから。」
上田:「ねえ。ユンソナさんが演じてくださっている役は花名子という…」
ソナ:「はい。花名子という役です。」
上田:「主人公の木村佳乃さん演じる小鳥遊ケイさんの親友。」
ソナ:「はい。親友です。」
上田:「小鳥遊ケイさんがいきなり昔付き人だった女優さんの表立っては出せないお子さんを引き取って。」
ソナ:「そうです。引き取って。」
上田:「血のつながりがないのに一緒にいる。」
ソナ:「うん。」
上田:「いいですね。ニコちゃん。」
ソナ:「ニコちゃんの…子供の芝居には勝てないと言うかすごい自然な…すごい明るくてすごいいい子なんです。一生懸命セリフも完璧に覚えて。私が忘れたときは私のセリフまで教えてくれて。」
上田:「本当に?ニコちゃんがぁ~。でも今のこのセリフもなかなかいいセリフでね。」
小田切:「そうですね。」
上田:「お母さんからある意味ちょっと愛を感じられないようなニコちゃんに対してすごく愛をもって語ってらっしゃいましたね、花名子さんは。」
ソナ:「すごい暗い部分を持っている子なんですよ。お母さんからも産みたくて産んだんじゃないよって言われたこともあるし、すごい暗いところもあるんですけどそういう部分を子供に理解させようと思って『みんな頑張る人はみんな主役なんだよ』って。」
上田:「実はこれ漫画が原作でお読みになったそうですね。」
ソナ:「本当に久しぶりに漫画読んで泣きました。しかも日本語だからすごいゆっくりゆっくり読んだんですけど、ちょうど2話のところにケイちゃんとニコちゃんがこうかん日記を始めるんですね。そこの2人のところが切なくて、ジーンときて泣きました。」
上田:「そういう原作をお読みになって気持ちを作っていた。」
ソナ:「はい。」
上田:「原作には花名子という女優でビックになるんだっていう頑張っている女性は出てくるんですが、設定は韓国から来た人じゃないんですよね。」
ソナ:「そうですね。」
上田:「だからスタッフがユンソナさんにこの役をやって欲しくて。そういう設定にあえて。」
ソナ:「嬉しいですね。」
上田:「どういうところを見て欲しいなと思います?」
ソナ:「もちろん私の役も面白いんですけど、この作品全体…なんていうんですかね…すごい暖かい、感動するところがたくさんあって、最近こういう状況になる場合もあって、子供が可愛そうに、子供のときから傷をつくと大人になっても暗い部分がなかなかなくならないって感じになるじゃないですか。だからその部分をケイちゃんがちゃんと暖かくしてくれるんで。だからそういう部分が見て欲しいな。」
上田:「あ~」
ソナ:「大人に見せたい!」
上田:「大人に見せたい。」
ソナ:「本当に大人に見せたい。こういうのをしないで欲しい。」
上田:「大人がもっとしっかりして次の次代を担う子供たちに何ができるか。」
ソナ:「そうですね。だから本当のお母さんよりケイに会ってすごく明るくなっていい子になるので、そういう面をみてほしいな。本当の愛、本当の恋を見せる作品になると思うのでぜひ見てほしいですね。」
上田:「毎晩夜11時から月曜日から木曜日まで放送中でございます連続ドラマ『ニコニコ日記』。午後11時から15分間ございます。寝る前にちょっと見てちょっと暖かくなって寝るといいかもしれないです。ユンソナさんの演技も楽しみでございます。」
ソナ:「ハンカチを用意して。私も自分も何回も台本見て、先にオンエアする前にカンパケとかもらって見てるんですけど、また見ても泣くんですよ。ジーンとくる場面が結構多くて。」
上田:「じゃ、みなさんハンカチは欠かせないそうでございますので。」
小田切:「楽しい部分もありますからね。」
ソナ:「そうですね。」
小田切:「ニコちゃんの笑顔がすごい素敵ですからね。」
上田:「ニコニコ日記っていうのが、象徴してますね、このドラマをね。ぜひご覧ください。」


ユンソナさん、生放送で緊張していた様子でした。

でも、一生懸命に日本語でのトークがんばってました。

杏ちゃんがセリフを教えていたところを想像すると微笑ましいです。

ユンソナさんも泣いていたとは。きっとユンソナもニコニコ日記にはまっていたのでしょうね。

出演者もニコニコ日記が本当に大好きという感じで、私も嬉しいです\(^o^)/


スポンサーサイト
 2006_11_27



大杉漣さんと古田新太さんが「ニコニコ日記はいいよね~」と話していたというスタジオパーク。
もしかしたら、御覧になった方もいるかもしれないですが、ここにレポさせていただきます。
フルはちょっと大変なので、「ニコニコ日記」の話のところだけを抜粋させていただきます。

放送日:2003年8月25日(月)

トークの前に古田さん出演シーンのVTRが流れます。
「先生だって好きな人がいたらチューしたい。」の12回と、13回で松本先生が「来週の保護者会と授業参観のプリント今から配ります。」と言って、シュンがニコの持っていた写真を見て、「うっそぉ~、小箱のお父さんかっこよくない!?」と言った、あの場面です。

VTRが終わって…

上田:「いい先生じゃないですか。」
古田:「いい先生。NHKのドラマのレギュラーが初めてなんです。これが。実は。単発はあったんですけど、レギュラーで出たのはこれが初めてで、しかもいい人で学校の先生でしょ。ないんですよ、僕の中にそういうの。」 

 爆笑する上田アナ、小田切アナ

古田:「悪い人だったり、先生を殴ったりっていうのはあるんですけど。いい先生っていうのは…あったことがないし。」
上田:「演じる引き出しとして。」
古田:「ないです。でも、楽しかったです。すごく。」
上田:「緊張されました?どういうふうに先生を?」
古田:「なんでしょう。いつも本当にちゃんとしてるんですけど、セリフもいい加減に覚えてね、なんとなく雰囲気でやってるので。ちゃんとしたことがないんですごく緊張しましたね。」
上田:「『はい、ちゃんと聞いて』それを言う度に緊張されて。」
古田:「ちゃんとしたこと言わなきゃいけなくて。」
上田:「そこで笑いをとっちゃいけない。」
古田:「はい。困りました。しかも子役ですしね、周り。言うこと聞かないですからね。」
上田:「もう、遊んで遊んでって感じ?」
古田:「はい。なるべく、もう、普段は会わないようにしてましたけど。」
上田:「厳しい顔を見せるためにね。」

話はドラマのストーリー紹介に。人物相関図を使って説明。

上田:「ニコニコ日記なんですが、主人公が2人ですよね。小鳥遊ケイさんという木村佳乃さんが演じてる。」
古田:「はい。佳乃ちゃん。」
上田:「なんとなく曖昧な感じで日々を生きている20代の女性と。小箱仁子。笑えないけどニコという名前。」
古田:「杏ちゃんは本当に上手でした。可愛かったですね。」
上田:「難しい役ですよね。実際のお母さんからは『もう、あなたなんて』と言われていて、昔の付き人だった彼女(ケイ)に預けられて、血縁のない2人が同居生活をしていると。」
古田:「ニコちゃんの担任の先生の役だったんですよ。最初にニコちゃんが転校してくるんですけど、それを連れてきたケイちゃんのことをちょっと可愛いなみたいな感じで思っているんですけどいい人じゃないですか。普段のオイラだったら(悪そうな顔をして)こんな感じに見てればいいんですけど、それはやっちゃいけないわけですよ。」
上田:「松本泉先生だから。」
古田:「はい。松本泉先生だから、チラ、チラ、と見るくらいの意識の仕方なんですよね。」
上田:「じゃ、このビームが届かなかったわけですね。」
古田:「全然届かないです。最初は、だから、先生はちょっとほのかにケイちゃんのことを想ってて、ニコちゃんのことはもう本当にちゃんと児童として愛していて、けどもケイちゃんに対する『いいな』っていうような想いがあってとか言う説明があって台本をもらって、『あ、そうか。後半に向けてケイちゃん、佳乃ちゃんとそういうシーンがあるんだろうな』と思ってたけどなかったですね。」

 爆笑する上田アナ、小田切アナ

古田:「なんか本当にほのかな恋心のまま終わっちゃいましたね。」
上田:「ぜひこれはね、古田さんのファンにとってはほのかな恋心っていう古田さんを見られる…」

 爆笑する古田新太さん

上田:「だって、いつもあやしい…」
小田切:「そうですよね。本当に一癖二癖ある役が多いじゃないですか。」
古田:「ええ。」
小田切:「全然違いますもんね。」
古田:「いや、本当に…いや、もうオンエアは始まってるんですけどニコニコ日記。」
上田:「先週の月曜からスタートですよね。」
古田:「はい。見ててもね、きっと裏切るんじゃないかなと思いながらみちゃいます。自分なのに。」
上田:「自分なのに。」
古田:「絶対あいつは後で何かを企んでるはずだって…。」
 
爆笑する古田さん、小田切アナ

上田:「でも、本当こう、人の絆だとかを感じさせる…。最後どうなるのか。 もう、何せ恋人がね。」
古田:「ええ。」
上田:「いらっしゃいますからね。」
古田:「沢村君ですからね。そりゃ沢村君でしょ。」

 爆笑する両アナウンサー

上田:「いや、人生はわからないですよ。」
古田:「普通は沢村君でしょ!」
上田:「何も起きなかったと古田さんから。まぁ、ぜひ古田さんのほのかな恋心の演技もね、ぜひお楽しみ頂きたいと。」
古田:「いや、本当に面白いです、このドラマ。あの、よく、今大杉さんとご一緒してもらってるんですけど、2人でね『ニコニコ日記はいいよね~』っていう話をよくしてて。まあ、別に他の現場が悪いって訳じゃないですけど。」
小田切:「どういうときにお話しするんですか?」
古田:「ちょっとね、7月、8月とねいろんな作品でご一緒する機会が多くて、映画…」
上田:「民放でもそうですし、映画。」
古田:「はい。民放のほうのドラマでも一緒だったりとか、映画でも一緒だったりとかしてる。その度に… 2人とも『ニコニコ日記』にはちょっとちょっと出てくる役だったので。でも、結構2人とも楽しみにしてて。あんまり仕事に行くのが嫌いなほうなんで。あんまりないんですけど。」
上田:「でも、おかしいよね。ある意味ちょっと強面な2人が『ニコニコ日記よかったよね~』て。」
小田切:「『ニコニコ日記』ですからね。」
上田:「そうそうそう。このニコちゃんがね、どのように心を開いていくのか、ぜひご覧頂きたいと思います。放送は毎週月曜日から木曜日までの午後11時からの15分です。10月2日まで放送ございますので是非ご覧頂きたいと思います。」


古田新太&大杉漣の強面二人が「ニコニコ日記はいいよねぇ~」と話しているところを想像するだけで嬉しくなっちゃう(^o^)
少女漫画原作のドラマをオジサマたちまでもがはまってしまうなんて、このドラマはすごい!
古田さんも大杉さんも、きっとニコりんの虜でしょうね。
宣伝とかで「面白いから見てください。」というのはよく聞きますが、
この時の古田さんのしゃべり方は言わされている感じは全くなく、出演者としてだけでなく、一視聴者としても楽しみにしているという雰囲気でした。
出演者にもスタッフにも視聴者にも愛される「ニコニコ日記」は本当に幸せなドラマだと思います。

>いろんな作品でご一緒する機会が多くて、
「ニコニコ日記」と同時期に放送されていたドラマ「クニミツの政」で共演中でした。その前にも「眠れぬ夜を抱いて」というドラマでも共演してました。映画は何だろう??


見難くてごめんなさい…

それから、ユンソナさんのスタパも録画してあるので、こちらも近いうちに掲載できると思いますのでお楽しみに!
 2006_11_16




10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

★お知らせ★

平成29年度前期NHK連続テレビ小説「ひよっこ」
木村佳乃さん&沢村一樹さん出演決定!!

沢村一樹さん→ヒロインの父親・谷田部実役
木村佳乃さん→ヒロインの母親・谷田部美代子役

ニコニコ日記で恋人役だった佳乃さん&沢村さんが朝ドラで夫婦役に!
ニコニコ日記以来14年ぶりの共演です!!

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

いつもニコニコ

Author:いつもニコニコ
ドラマ「ニコニコ日記」をこよなく愛する管理人です。私のドラマ観を大きく変えた作品であり、今いちばん大好きなドラマです。

愛しのリラックマも絶賛応援中です。♪

ここのブログのこと

【ここのブログで応援しているドラマ】
・ニコニコ日記

【ここのブログで主に話題の方々・キーワード】
木村佳乃さん、沢村一樹さん、
大杉漣さん、古田新太さん、
永井杏ちゃん、大塚寧々さん、
ユンソナさん、長山藍子さん、
大森美香さん(脚本家)、
NHKドラマ、
ほか、「ニコニコ日記」に関係したすべての方々

最近はニコニコ日記以外の話題が多いです。

ご訪問者のみなさんへ

管理人が不適切だと思ったコメント・トラックバックは削除させていただきます。
また事情により突然ブログ公開の中止や規制する場合もございます。
ご了承ください。

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-




.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。