上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--



NHKアーカイブスの人物録に沢村一樹さん登場!
沢村さんもNHKお世話になってますがやっと登場です。

沢村さんNHK出演作品のインタビューは、大河ドラマ「利家とまつ」「篤姫」、バラエティ「サラ―リマンNEO」、来週からスタートする連続テレビ小説「ひよっこ」
そして、連続ドラマ「ニコニコ日記」!!
わーい♪\(^o^)/
沢村さんのニコニコ日記関連のインタビューって放送当時テレビ誌で読んだことあったけど買わなかったので(涙)、14年後にまさか聞けると思わなかったので嬉しいなぁ♪

が、しかし、大河やサラリーマンNEOは役柄とか思い出とかいろいろ話してますが、ニコニコ日記はドラマのことよりも木村佳乃さんのことがほとんどだよ。(笑)
まぁ、このタイミングでしたらそうなりますよね。
でも佳乃さんファンとしてはめちゃくちゃ嬉しいです。(*^^*)
沢村さんにとってもニコニコ日記は思い出深い作品とか、佳乃さんの共演者への気配りが印象的とか、ひよっこの夫婦役がとても楽しみとか、嬉しいコメントたくさんくださってありがとうございます!

たしかに晃太郎は女性の気持ちの理解が足りなかったなぁ~(笑) でも、最後にはやっぱりコウちゃん格好よっかたよ。
私の中ではね、コウちゃんはケイちゃんに嫌味ばっかり言ってた!(笑) そんな印象が強いよ。私が佳乃さんファンというのもあるから、コウちゃん~ケイちゃんにそんなに嫌味言わないでよ~と何度思ったことか。(;´∀`) でも、ケイちゃんは嫌味ばっかり言ってるコウちゃんが好きで、ああもうこのカップル普通じゃないな、でもなんか素敵だよ、大好きになったって感じ。
別れたりくっついたり離れたりしたけど、コウちゃんは離れていてもケイちゃんのことたしかにずっと見守ってはいたよね。そしてやっぱりケイちゃんのこと大事だったんだよね。帯広の夜のコウちゃんを見て、そう思いました。
ニコニコ日記放送時、沢村さんはすでにお子さんがいらっしゃいましたが、今では佳乃さんもご結婚され出産され、ニコニコ日記の時とは違った環境になっているのも時の流れを感じますね。お二人とも私生活でも子供を持つ親となった中でのひよっこで父親、母親役、ニコニコ日記で父親代わり&母親代わりの役も経験済みですので、ひよっこで本当の夫婦役になった沢村さんと佳乃さんですから、きっと素敵な夫婦を演じてくれるんじゃないかなと私も思っています。

沢村一樹さんのインタビューはこちら↓
https://www2.nhk.or.jp/archives/jinbutsu/detail.cgi?das_id=D0009070692_00000&og=D0009120007_00000


ちなみに、木村佳乃さんは2年前に登場済み。
大河ドラマ「北条時宗」「天地人」、ドラマ10「はつ恋」、土曜ドラマ「64(ロクヨン)」のインタビューです。
https://www2.nhk.or.jp/archives/jinbutsu/detail.cgi?das_id=D0009070182_00000



スポンサーサイト
 2017_03_29



木村佳乃さん、今度は映画プリキュアに声優出演とかまじですかぁ~!
これはちょっと嬉しいですね~。
ただ、さすがにいい歳してひとりでプリキュア映画は見れないですね~(-_-;)

私、セーラームーン世代でありまして、プリキュアはその後継番組みたいなものですから、プリキュア私見れるんです…(/ω\)
最近だとドキドキプリキュアは面白かったと思いますが。

佳乃さん、劇場版アニメのアフレコも経験多くなってきましたね。
アンパンマンにプリキュア。
残すは名探偵コナンですよ!
コナン出てほしい!!
そして、高木渉さんと絡んでほしい…(´ω`*)
真田丸の松&茂誠夫婦が大好きなので、今度は高木さんの本業の方で共演してほしいな~。


 2017_01_28



ディレクターズカット版全8話視聴終了しました。
(HDDの原因不明なトラブルで4話の録画に失敗しました…)

未公開シーンやシーンの前後でカットされたシーンが追加されましたが、全体的に結構カットされてたんですね。
新たなシーンが加わったことによって、本放送で理解できなかったところが納得できたし、登場人物たちの気持ちがより伝わって、ディレクターズカット版も面白かったです!
なければそれでも問題はないんだろうけど、あればやはりシーンとしてあった方がいいと思うところもあって見れて良かったです。
個人的には最終回での健太への緑の想いが地上波の時は不満だったので、ディレクターズカット版でそのシーンが増えていたので良かったです。
3話までは放送できなかったシーンが加わるだけでしたが、4話目以降になると、次の回の冒頭部分が前の回のラストに入っていたり、冒頭部分が少し編集されていた回もあって、飽きさせない仕上がりになっていました。

未公開シーンの追加だけではなくて、シーンによっては音楽も変わっているところがあって、結構編集作業したんだろうな~。
地上波、BS版、違いがところどころであるので、両方の保存版がほしいところです。

BSでの放送が好評だったらそのうち地上波で放送もありそうな~。

そしてやっぱり青木崇高さんがすごくよかった~。
緑の手術をしてもらえることになって電話受けたあと「緑~緑~!」って走ってくる潤ちゃんが最高でした。緑の癌の再発を知って事務所でむせび泣いている姿には参りました… 緑を一途に愛する潤ちゃん、すごく素敵でした。青木さん最高でした。
私はずっと潤ちゃんを応援してました。ドラマが始まった時から潤ちゃんはきっと不安になったりこれからツライ状況を耐えるんだろうと予想はついてましたが、本当にその通りになりすぎて泣けてきました。
潤ちゃん派には最終回は観るのがツライので、ディレクターズカット版の最終回観ようかどうか迷ったけど、佳乃さんや青木さんが良くて、結局最後まで観てしまった… 潤ちゃんのためにも家族のもとに帰って来た緑をもうちょっとだけでも生きさせてあげてほしかったな…

12月5日にディレクターズ版を収録したDVDとブルーレイが発売予定。
ブルーレイ化にもなるのが嬉しいですね。
あと、サウンドトラック出してほしいです。音楽も良かったです。

久々に大ハマりしたドラマでした。
NHKさんありがとうございました。


 2012_09_30



本日でニコニコ日記放送開始から丸9年が経ちました。
今まで一つのドラマをこんなに長く愛してたことはないです。
さすがに当時のようなドラマのこと考えてしまってどうしようもない気持ちとかではないし、今では昔懐かしいドラマになるくらい時間が経ってしまいましたが、放送開始された日とか最終回とかDVDが発売された日とか、記念日的なことはちゃんと覚えてて、節目にお祝いしたくなるような気持ちになってしまうほど、このドラマはとても大切なものであり、私の中でいつまでも輝いている作品です。
来年には10周年を迎えます。
ファンの皆様と来年の今日に「10周年おめでとう」と言えることを楽しみにしています。

そして、今年の5月から放送されたNHKドラマ10「はつ恋」のディレクターズカットスペシャル版の放送が今日の午後11時15分からBSプレミアムでスタートします。
総合テレビで48分間で放送されたものに、BS版は55分バージョンで未公開シーンやカットされたシーンが追加されるということで楽しみです。
公式サイトがディレクターズカット版にリニューアル、ワールドプレミアムのあらすじの写真も一部変わっています。
再放送だったら視聴するか考えちゃいますが、ディレクターズカットというところが憎いですね。(笑)
放送できなかったシーンが含まれるとなるとまた観ようかという気にさせますものね。
NHKの戦略にまんまとハマっている~(笑)
でも、未公開シーンを含めた木村佳乃さん、伊原剛志さん、青木崇高さんらの素晴らしい演技がまた観れると思うと楽しみです。
9月いっぱいまでの放送期間ということで(だから初回は2話連続なのか)、これでまた一ヶ月半の楽しみができました♪

ちなみに、今日の午後3時から朝ドラ「ちりとてちん」総集編の再放送がやっていました。
青木さんが落語家さんの役で出ていますね。
「はつ恋」は「ちりとてちん」スタッフの井上Dと菓子Pが携わっているし、最近のNHKは青木さん推しがすごいので、世間一般的に青木さんが注目を集めたとされる「ちりとてちん」を流して、草々さんや青木さんが気になった「はつ恋」未見の新たな固定客を獲得する作戦でしょうか?総集編終わったあと、プレミアム版の予告流れてましたし。
「はつ恋」の青木さんすごく良かったです。私もこのドラマで青木さんすごい役者さんだなと認識を改めたのでした。


「はつ恋」ディレクターズカットは本日より、BSプレミアムで毎週土曜日23時15分から。
本日は1話2話連続放送です。



 2012_08_18



先日の「嵐にしやがれ」のアニキゲストは、日本俳優界には欠かせないいぶし銀俳優・大杉漣さん。
悪役がもっとも似合う俳優として、嵐に悪役の極意を伝授していました。
突然キレる演技の大杉さん、本当に怖かったよーーー!!
でもとってもカッコイイ!!
大杉さんは優しいフツーのお父さん、会社の社長、変質者、ヤクザなどなど…、主役を支える役から悪役まで、本当にいろいろな役を演じることができるとても魅力的な俳優さんですが、やはり悪役がいちばんステキ!!
個人的には悪役は嫌いだけど、大杉さんの悪役は嫌いになれないんですよねー。
大杉さんの悪役はいろいろ観ていたいです。
映画出演は200本を超えているそう。
すげー!

ファンなら周知の大好きなサングラスとサッカー。

サングラスはやはり自前だそうで、役に合ったサングラスを作るのでどんどん増えているそうです。
役と合いそうなサングラスを考えて、5~10個くらい衣装合わせの時に持っていって決めているとのことでした。

大杉さんのサッカー好きは本当にすごいです。
選手の特長とかもよくご存じでよく分析されていて、さすがチームで活動されているだけのことはあるなと。
私もサッカー(観戦)好きなので、大杉さんのサッカー好きには感心してしまいます。

出身地である徳島県の悪役メシ、「残酷焼き」「はんごろし」「でこまわし」と、名前聞いただけで怖そうですが、「残酷焼き」は伊勢エビやアワビなどを活きたまま焼いたもので、「はんごろし」はもち米にうるち米を混ぜたものを半分だけつぶしたおはぎ、「でこまわし」はじゃがいも、豆腐、こんにゃくに味噌をつけて炭火で焼いたもので、実際にはとても美味しそうな食べ物でした。
どれも気になりますが、とくにでこまわしが食べてみたいです。(^O^)


楽しく観れて素敵な1時間でした。
大杉アニキ~カッコイイ!!

 2012_08_13



前回はまさかの緑&潤ちゃん夫婦の離婚という衝撃的なラストで、どうなってしまうのかと思いましたが、最後はやはり綺麗にまとめた感じはありますね~。

潤ちゃんどんだけいい人なんだよ!(笑)
最終回は潤ちゃん男上げな回だと思う。(笑)
でも、潤ちゃんが悪者になってくれたおかげで健太がいい子に育ってくれてよかったよ~
潤ちゃんの性格からして緑のことを悪く言うとは思えません。
「自分が悪い」「ママは健太のことが大好きだ」ってずっと言い続けたんじゃないかな。
良い人潤ちゃんの分身だから健太もよい子に育つ。
ママが居なくなった分、健太にたくさんの愛情を注いだと思います。
だから、緑が帰って来た時に健太が「ママー」って受け入れてくれたと思う。
やっぱり健太は潤ちゃんと緑の子ですね。
子役のバトンタッチうまかったですね。
違和感なく見ることができました。
NHKは子役探しがうまいなぁ。

三島から電話をもらって事務所でむせび泣いていた潤ちゃん。
緑の裏切りがどんなに許せなくても、それが潤ちゃんの本当の気持ちだよね。
このシーンすごくよかったです。
潤ちゃんの気持ちを思うと切なかったです。
青木さん、ホントいい演技。

三島くんと暮らした3年間、緑は女の顔でしたね。
家族と居る時は「妻」「母親」としてだったけど、三島君と居る時はまた違った緑で、それはそれで幸せだったんじゃないかな。
それでも健太を忘れたことはなかったはず。
健太への思いがもう少し三島の気持ちと同じくらいに書かれていたら良かったかな。
三島との生活と健太への思い、緑の苦しみをもう少し表してほしかったです。

緑は癌再発で亡くなっちゃいました…
あぁ…佳乃さんまた死んじゃった役か。(涙)
(最近の佳乃さんは劇中で亡くなる役多いよね。)
死顔が美しかったです。
「村上緑さん、村上緑さん…」と、医師として臨終確認したところに、三島くんの緑や家族への思いやり、謝罪など、いろいろな意味が込められているようで、やっと人間らしい三島くんを見たような気がします。このシーンもよかったぁ~

終わっていなかったはつ恋を完結させ、最後には家族とも和解できて、緑は幸せに逝けたのではないでしょうか。
天国できっと息子・健太の成長と、潤ちゃんと三島くんの幸せを祈っていると思います。
最期まで心の底から二人に愛される緑は幸せ者ですね。

ドラマを見ている時は潤ちゃんに幸せになってほしいと思っていたけど、ドラマが終わってしまうと、潤ちゃん以上に三島くんに幸せになってほしいと思うようになりました。緑を失って、潤ちゃんには緑が残してくれた健太という宝物があるけれど、三島くんには緑を繋ぐものがないよね。思い出のテープがあるけれど、健太は潤ちゃんと緑が確かに想い合った証、子供は特別な存在で、テープとは比べ物にならないくらい。
そんな三島くんが孤独にならないような潤ちゃんの優しさ。うーん。やっぱり潤ちゃんはいい男だぁ~。潤ちゃんは健太が大きくなるまでは男手ひとつで頑張りそうな気がする。そして潤ちゃんと三島くんに見守れながら健太は大きくなっていくんだね。潤ちゃん頑張れ。

まさかラストシーンが理容トヨサキとは思いませんでした。
最後に残された緑を愛した男二人。このシーンみると、これは同じひとりの女性を愛した男性二人の物語か、と思ってしまいます。(笑)
最後は映画のワンシーンみたいな感じがしました。
妻に先立たれ娘にも先立たれた緑のお父さんがいちばん辛かったりして…(笑)

思わなかったと言えば、潤ちゃんのことが好きだった桃子の寿退社!(笑)
このドラマの一番の勝ち組ですね~
でも、とっとと見切りつけて正解でしたよ~
潤ちゃんは緑のこと本当に愛してますから、どんなに思ったところであの時点では誰も潤ちゃんを振り向かせることはできなかったでしょうね。
桃子お幸せに!

結局最後はみんないい人。
最初サブタイトルを読んだ時、「ONLY LOVE」の意味が実はわからなかったんです。オンリーがラブの前にかかるのか後ろにかかるのか。それとでは意味が違ってきますから。直感で訳した時は「愛だけ」と思ったんですが、今までの展開を見ていてしっくりこなくて、オンリーはひとりの人のことを指すと思うようにしてました。
だけど最終回を見ると、やはりこのオンリーはラブの後ろにかかって、「愛。それだけ。」とか、最愛の人のためにできる愛のカタチ、最善の行動、という意味なのかなと思いました。最終回は予告に騙されないで見たかったので予告編動画一切見なかったんです。で、最終回が終わって5分ダイジェストを見て、予告に「それぞれの愛」となっていたのを見てサブタイトルの意味が理解できました。

最終回は賛否両論あるかと思いますが、ドキドキする展開、綺麗な映像、主役3人のレベルの高い演技などは全体を通して良くて、なかなか見応えのあるドラマだったと私は思います。
ただ、6話以降になるとちょっと質が落ちたかなという感じも少ししました。でも、民放のに比べたら全然面白かったですけどね。
どうやら後半の脚本がなかなか出来てなくて撮影スケジュールが大変だっという話。
時間がない中で書かなくてはならなかったというのも影響している?

私も最終回に不満がないわけではないです。
客観的に見てる常識ある真面目な一般視聴者や、潤ちゃん派には不満が残る最終回だと思います。それは当然です。緑はどんな理由であれ一度家族を捨てたわけですから、気持ちよく見れるはずがありません。
現実だったら、家庭円満で、あんな優しい旦那様と可愛い息子を置いて、道ならぬ恋に走るなんてありえないですよね。
妻を寝取られた元夫とその夫から妻を奪った男が赦し合うなんて、現実では簡単にできるわけないですよ~
でも、このドラマは中園さんがリアルに踏み込んで書きたかったということで、それを視聴者が受け止めるしかないんですよね。そして、そこから制作側が贈ったメッセージがちゃんと伝わればこのドラマは成功なんです。
ただ、緑を三島の腕の中で死なせてあげたかったという意見も結構あって、意外と三島派にも納得がいっていない最終回のようですが、いくらどんな理由で緑が亡くなるとしても三島と緑が結ばれたままの終わり方は、さすがに後味悪いです。それでは本当に人でなしのドラマになってしまいます。
最終回の潤ちゃんのテーマは「許し」だと思うのです。許すことで潤ちゃんが救われるのだと思います。三島くんが緑を家族のもとに送って家族のもとで息を引きとるシーンがあるからこそ、最後の潤ちゃんが三島を許すシーンがあるんじゃないのかなぁ~?
緑の家庭や潤ちゃんの性格に問題があるシナリオならわかりますが、幸せすぎる家庭、落ち度のない旦那様、子供がいるという点を考えると、やはりこのドラマの結末は元鞘(和解)か緑の死で収束させるしかないと思います。なので、なんとなく緑は家族の元に帰っても結局亡くなるかなという展開はみえていたのですが、実際に見るとやはり潤ちゃん派としては最終回は辛い展開でした。
だって、緑が家事してた頃は、かき揚げは焦がし、チャーハン作るだけでも大変だった潤ちゃんが、オムレツが上手に作れるようになっている。結婚していた頃は潤ちゃん家のこと苦手そうだったのに、離婚して健太ひとりで育ててすっかり立派な主夫。当たり前のことなんだけど、緑の居ない3年間を物語っていたのが悲しかった…あぁ、あの家に緑はもう本当に居ないんだなと。(涙)
ですが、はつ恋という名前のドラマですので、はつ恋二人の物語になるのは当たり前のこと。当然三島くんと緑を応援する視聴者が多くなりました。なので、三島派の視聴者の望みを叶えるために、緑が離婚という展開にして三島と一緒に過ごさせる、でも、当然現実を見ている視聴者もいて、フツーだったら元鞘と考えるのがいちばんベスト。なので、最後はやはり家族のもとに帰る。ある意味ハッピーエンドともとれる展開。結局三島派にも潤ちゃん派にも納得のいく展開になっていたのかなと思います。まぁ、家族を捨てたという事実はあるので潤ちゃん派には納得がいかないのは当然だと思いますけど。
本来安易に主人公を死で完結させるのは好きではないのですが、3人それぞれが幸せになるためには、3人を苦しみから解放させるための「死」という選択、中園さんがキャラクターたちすべてに愛情を持って書いた結論なのではないかなと思いました。
ただ、緑の死期が近くなってみんな許されたけど、緑の癌が再発していなかったら、三島くんとドリはあのまま生活していたの?潤ちゃんもあのまま緑を赦していなかったの?なんだかその辺もすっきりしません。

最終回が終わって考えてみても、やはりひたすら潤ちゃんがかわいそうでした… 愛する妻の命を助けたい一心で探し回ってやっとみつけたスーパードクターが妻のはつ恋の人で、疑いながらも緑を一途に愛してきたのに裏切りにあってしまう。あぁ、、、切ないというか悲しいというか。このドラマ、潤ちゃんが絶対に裏ヒロインだと思います。(笑) だからこそ最終回で潤ちゃんをいちばん男に魅せたかったのかもしれないですけど、それでもやはりかわいそうで…
そして、いちばんの純愛だったのは潤ちゃんだと思います。女性だらけの職場で、部下に告白されても一切揺れず、一途に緑を愛してましたよね。離婚しても女っ気なしで健太くん育てることだけを頑張ってたよね。最後の最期まで緑を愛してた潤ちゃん。潤ちゃんの緑を愛するパワーってすごいですね。深いですね。そんな旦那様に深く愛されていた緑が幸せだったことは嘘じゃないと思いたいです。緑と潤ちゃんの夫婦愛素敵でした。はつ恋はある意味潤ちゃんの物語でもあるかも。


ということで、全8回のレビューをしていきました。最初は全話書くつもりはありませんでした。とりあえず1回目がよい感じだったので視聴記録として書いただけでしたが、2回目も面白くて、もしかしたらこのドラマすごいのかもしれないと感じ、そのまま最終回までレビュー決定。
NHKさん信じて良かった。佳乃さん信じてよかったです。大反響で、視聴率も回を重ねるごとに上昇、なんと視聴率が下がることが一度もなく、最終回までずっと右肩上がりという、大変な記録になりました。初回が6.6%で、最終回が11.9%。ほぼ2倍の数字になり、「セカンドバージン」を超えて、ドラマ10の最高視聴率を更新。(全話の平均はセカンドバージンの方が僅差で上。)
ついでに、大河ドラマ「平清盛」も超えてしまった…(笑) でも、平清盛最近ちょっと面白くなってきたような気がします。

「はつ恋」全8回視聴率

第1回 *6.6 「STAY GOLD」 甘く狂おしい再会
第2回 *6.7 「Frozen Memory」 とけていく痛み
第3回 *7.1 「Secret Place」 やさしい嘘つかないで
第4回 *8.3 「Innocent Night」 せつない秘めごと
第5回 *8.9 「True Heart」 もう傷つけない・悲しい声
第6回 *8.9 「Endless Kiss」 あわく激しく静かな誓い
第7回 *9.3 「Promise」 愛を伝えたくて涙の果ての祈り
第8回 11.9 「ONLY LOVE」 ありがとうを言うために

大好評を受けて、なんと8月からBSプレミアムでディレクターズカットスペシャル版の放送が決定!7分長い55分バージョンでカットされたところや未放送部分も含まれるとか。さすがNHK。このドラマにハマっている人のことを「はつ恋病」というらしいですが、そのはつ恋病の人を救う迅速な対応。ディレクターズカット版放送のニュースがあったのは放送終了翌日だったかな。
幸絵さんのカットされたシーンは見られるかな? 公式掲示板の入口にある緑と潤ちゃんの場面流れてないですよね?これもあるのでしょうか。
ディレクターズカット版のレビューもしていこうかなと思っています。

反響が大きいことにNHKも敏感に反応していた感じ。翌週月曜朝と深夜の通常再放送以外にも、前半戦終了くらいに深夜の集中再放送もやっていました。最終回前には5分ダイジェストも放送し、ドラマ盛り上げてました。そのおかげか、最終回で数字二桁。そして、BSでのディレクターズカット放送。
ネットで話題、週刊誌等にも取り上げられていて、ちょっとブームになっていたように思います。

佳乃さん、またまた素晴らしい演技を見せていただいてありがとうございました。
久々のラブストーリーということで恋する佳乃さんの演技を楽しみにしていましたが、思っていた以上に辛く切ないお話で、佳乃さんの切ない演技に私もうるっとしてしまいました。
「ニコニコ日記」以来のNHKでの主演ということでしたが、やはり佳乃さん⇔NHKの信頼関係は素晴らしい。「名古屋仏壇物語」「ニコニコ日記」、そして「はつ恋」。NHKでの佳乃さん主演ドラマは外れがないですね。
ただ、正直に、本音を言いますと、緑、というより佳乃さんファンとして、佳乃さん(緑)が家族を捨てる展開は見たくなかった… ドラマだし、あれは緑だとわかっていても、家族よりもはつ恋を選んで「後悔していない」というセリフが緑の口から出るのはとても悲しかったです。もちろんドラマだとわかってます。だけど、佳乃さんファンとして非常に複雑でした。
なので佳乃さん主演で今度は悲しくないラブストーリーがみたいところです。

佳乃さん今回は久々に「ニコニコ日記」スタッフから離れてのお仕事でしたが、ニコニコ日記チームも素晴らしいですが、違う番組チームとのお仕事も新鮮で良かったです。
今回のスタッフさんは、制作統括が朝ドラ「おひさま」の小松昌代Pと同じく朝ドラから「ちりとてんちん」の菓子浩P。
演出はチーフがやはり「ちりとてちん」や「ハゲタカ」の井上剛D、「胡桃の部屋」「天地人」「どんど晴れ」の一木正恵D、「篤姫」「おひさま」の岡田健Dという、大河や朝ドラを手掛けた方々で、とくにふたつの朝ドラ「おひさま」と「ちりとてちん」メインのタッグかな。
今回のドラマで佳乃さんが以前にお仕事したことあったのは一木さんくらいでしょうか。(ニコニコ日記メンバーでは、コウちゃん=沢村一樹さんが岡田さんと何度かお仕事してますね。)
それがわかると、潤ちゃん役に青木崇高さんがキャスティングされたのはやはり「ちりとてちん」繋がりかな。「ちりとてちん」ではヒロインの相手役の落語家さん、「はつ恋」ではヒロインの旦那さん役。どっちもヒロインにくっついてる役で、重要ポジションで、最近NHKは青木さんお気に入りですよね~
緑のお父さん役、串田和美さんも「おひさま」つながりからかな。大きくなった健太を演じてた木村友治くんも「おひさま」出演してました。

●「はつ恋」出演者の朝ドラ出演●
木村佳乃さん→「天花」「風のハルカ」
伊原剛志さん→「ふたりっ子」
青木崇高さん→「ちりとてちん」(菓子P、井上D)
藤澤恵麻さん→「天花」
平田 満さん→「純情きらり」「芋たこなんきん」
中原丈雄さん→「どんど晴れ」(一木D)
串田和美さん→「おひさま」(小松P)
広岡由里子さん→「つばさ」
(そういえば「天花」の主題歌もMISIAでしたね~)

●その他に●
木村佳乃さん→「天地人」(一木D)
佐藤江梨子さん→「その街のこども」(井上D)
…などがありました。

朝ドラ贔屓、NHKが信頼を寄せてそうな役者さんが集まったという感じがします。

佳乃さん、伊原さん、青木さん、主役3人が本当に素晴らしくて、素敵な脚本に御三方の素晴らしい演技がより良い作品にしていたと思います。
とくに青木崇高さん!実は、最初はドラマ始まる前は青木さんより伊原さんに注目してました。佳乃さんファンとして今度は恋愛が絡む役、どんな感じになるんだろうと期待してました。
が、始まってると、このドラマって佳乃さんと伊原さんのはつ恋の物語中心に見えますが、実際それが軸になっていますが、ベースとなっているのは緑と潤ちゃんの家庭なんですよね。実質のシーンってはつ恋の二人より佳乃さんと青木さんの村上家の家庭のシーンの方が多いんじゃないかな。
最初に「現在の」幸せな緑のパートナーとして出てきたのは三島くんではなくて潤ちゃんでした。第1回、幸せ家族3人が健太の卒園式のビデオを見ているシーン、これがとても印象に残ってしまって、私の中で家族が中心になってしまったんです。そして、見ているうちに青木さんの演技に魅了されてしまい、潤ちゃんを応援するようになってしまったのでした。
青木さんはそれまでのワイルドな感じとか荒々しい感じの役の印象が強いので、家族を愛するフツーのサラリーマンの役というのが全然イメージできなくて、佳乃さんと夫婦役どんな感じになるのかも想像できなくて、でも、見てみたら、荒々しさはどこにもなく、スーツを着こなし、家族のために仕事を頑張って、素敵な旦那さまでパパで、見事なまでに潤ちゃんになりきっていてすごいなと。想像できなかった佳乃さんとの夫婦役もなかなか良かったのではないでしょうか。このドラマで青木さんいいなと認識しました。
もうすぐ公開の映画『るろうに剣心』実写版に出るんですよね。これアニメ見てたので映画も観たいので楽しみです。さらなる活躍を期待します。事務所がスターダストなので映画出演も多いですが、連続ドラマにもっと出てほしいです。
伊原さんと佳乃はもうさすがでしたね。二人のシーンは大人の雰囲気で素敵でした。
次が気になる展開と、佳乃さん主演と、青木さんの好演に満足したドラマでした。

舞台が静岡県だったというところも個人的には嬉しかったです。
静岡ロケで佳乃さんの目撃情報もあり、見られた方がうらやましい…
お茶畑に囲まれて富士山が見える潤ちゃんと緑と健太君の住むお家。
いいなぁ~。私も一度近くを通ってみたいです。(*^^)v
静岡県って田舎ってよく言われるけど、富士山は見えるし、緑もあるし、東京と名古屋のふたつの都市に挟まれて東にも西にも北にも行きやすくて移動は意外と便利だし、住みやすくていいところだなと私は思っています。
自分の故郷がいい場所だと改めて思わせてくれたドラマでもありました。
ありがとうございました。

次はディレクターズカット版ですね。
楽しみにしています。

 2012_07_22



急転直下の第7回。

今まで理性や我慢を保ってきた登場人物たちが、とうとう自分の気持ちに嘘がつけなくなって皆思いが爆発してしまいました。

緑のお父さん。
三島とはもう関わるな、という気持ち。
「今度何かあったら緑だけじゃなくて潤くんや健太を傷つけることになるんだぞ。」
娘が傷ついた辛い過去を知っている。
そんなときに出会った年下の潤ちゃんと結婚して、一人息子の健太を授かって、やっと掴んだ幸せ。
緑のお父さんは潤ちゃんのこと信頼してるよね。
そんなお父さんの気持ちを思うと辛いです…
お父さんや、広瀬らが、視聴者の心を代弁しているんですよね。

村上家の平和を応援する方にとっては三島くんは悪者になってしまうかもしれない。それまで緑の幸せを壊さないとはわかっていたものの、自分勝手な行動を取って結局緑の家庭を壊してしまったのだから。
でも、緑が妊娠していたということに気付いた時、自分が話も聞かないで緑を突き放してしまったことへの激しい後悔。溢れる思い。
それは緑も同じですよね。今まで心にしまっていたのに、三島に知られてしまって、二人はその思いをとうとう共有してしまい、何かが壊れ始めたように二人の距離が近づいてしまった… まるで過去の二人のように…
そんな事とは知らず、ひとり緑を待つ潤ちゃんが辛すぎるよーーー!!これは潤ちゃん目線で見るとかなりキツイですね…(実際、スタッフでも、これは辛すぎるからカットした方がいいんじゃないかという話があったほど。)

そして、7話でいちばん凄かったのは潤ちゃんですよね~
もう本当に潤ちゃん目線で見ると辛くて切なくて、そして怖かった…
潤ちゃん、オンエア見てまた傷ついてるんだろうなぁ~(涙)(スタジオパークでの青木崇高さんの発言)

今までの優しい旦那様&パパぶりからは想像できないほどの爆発力!
公民館で二人を見つけて入ってきたときのあの恐ろしい表情、「緑は俺の妻だ!わかるかっ!」って三島くんに掴みかかろうとした時の顔…
あんなの潤ちゃんじゃないよーーー!(泣)
潤ちゃんみたいに普段温厚な人が怒ると大変ですよ~ホント。

でもでも、まさか離婚にまで至るとは…
わ~、それはないよ潤ちゃん…
いくら裏切られてショックだったからって、もう少し話し合う余地はなかったのかな。
あんなに家族を愛してたのに…
二人だけの問題ならまだしも、二人の間には可愛い健太くんもいるのに…
パパもママも大好きな健太がかわいそうだよ…
健太は潤ちゃんの子供だけど、緑の子供でもあるんだよ…
緑が潤ちゃんの子を産んでくれたのに…
「もう二度と健太には会わせない。」なんてそんな…(泣)
潤ちゃんにそんなこと言う権利はないよ~
今まで良い人が発揮されていた潤ちゃんですが、緑に「健太には会わせない。」と言ったことで、健太から母親を奪ったことになるんですよね。
緑の取った行動の代償でもありますが、潤ちゃんがもっと大人になってれば家庭は壊れなかった…
そう思ってみると、緑ばかりも責められない…
これはやはり一方的に離婚を突き付けた潤ちゃんにも非はあるかも。
結局このドラマに出てくる人物はだれが良くて誰が悪いかなんてもうなくなってます。みんなが傷つき傷つけあってる。見ていて辛いです。
私的には潤ちゃんの次の行動がいちばん気になります。どうか大人になっていてほしいです。
佳乃さんと青木さんの演技合戦がすごかったです。

緑が潤ちゃんに「出てってくれ」って言われて、健太のランドセルを触る緑がなんだか切なかったです。
出て行くということは健太には会えないとすぐにわかったんでしょうね。
緑の健太を思う気持ちが伝わってきたシーンでした。
でも、みどり~、あの時、なんで正直に言っちゃうのーー!
それは墓場まで持って行ってよ~と思ってしまいました。
なのに、「潤ちゃんのこと大好きだよ!」はもう遅いよぉ~(涙)
潤ちゃんはたしかな「Promise(約束)」がほしかったんでしょうね。
潤ちゃんがそういう気持ちだったからこそ、緑は嘘がつけなかったのかな。
いくら心に仕舞い込んでも、気持ちが少しでも残っていれば潤ちゃんを傷つけるのと同じことになる。
でも、緑からはっきりと「うん」と言ってもらえなくて、そこから残るのは緑を信じて一途に愛していた想いへの裏切りとショック。
潤ちゃんの緑への愛ってとても深いんだなぁ~と思いました。

村上家崩壊のシーンでいちばん辛かったのが、エンディングクレジットが流れた時。
あんなに明るくて幸せだった村上家。だけど、潤ちゃんの切ない後姿と暗い部屋。ママを探す健太。健太を抱きしめるパパ潤ちゃん。何も言わないパパに「ママは?」と何度も言う健太。これはもう本当に辛すぎでした…
絵に描いたような幸せすぎる家族。卒園式のビデオを見たり、夫婦で健太を寝かしつけたり、家族で食卓囲んで、とにかくドラマでは家庭の様子がよく描かれていたので(もちろん意図的だと思いますが)、これほど残酷なことはないなと思いました。
お家素敵ですよね。
家族写真がいくつか置いてありますよね。キレイなグラスも素敵。7話で初めて玄関が出てきましたが、普段は洗濯干してるお庭から出入りしてるんですかね。木の表札もたったひとつしかないって感じで幸せ出てますよね。
家の中におもちゃがいっぱいあって、子供のいる家庭なんだなぁ~っていう雰囲気があって、本当に幸せ家族という空気。それがすごく感じられるだけに、やはり家族がバラバラになってしまうのを見るのは辛いです…

最後、緑が追い出されて、健太を見て涙のシーン、あれは反則技。
あれを見て「ほら、泣け」と言われてるみたいなもの。
私的には、緑より潤ちゃんとのシーンの方が泣きそうになりました。
「ママ―!」って泣き叫んでいる健太を追いかけて押さえつけているところが辛かったです。
そして、演じてる里村洋(ひろむ)くんの演技がよかった~

桃子の村上所長への想いは終わりでしょうか?
もっとひっかきまわすなら、あそこでメモを差し出すところですが、くしゃくしゃにして泣いた、ということは好きな人の家庭を壊してしまうことはできない、そういう見解でいいのかな?

7話の展開に「緑と三島には一線を越えてほしくなかった」という意見がありますが、これは脚本そのものに言っているのか、ドラマの中での緑に言っているのか、どちらなのでしょう。
はつ恋が不倫になってしまった、という厳しい意見がありますが、これは中園さん本人も覚悟を決めて書いているんだと思います。
「恋愛はブレーキがきかなくなると怖いことになる。人でなしになる覚悟がある方は不倫を。私は勧めません。」と言っていた中園さん。今回このドラマで、それをリアルに描いているんですよね。「結婚している人が恋愛をするとこうなるぞ。」ということを。それが7話のラスト、家庭崩壊・・・・・
だから簡単に「不倫ドラマ」と片づけてはいけないと思います。決して軽い気持ちで書いたのではなくて、ちゃんと意味があってメッセージを込めて書いているんだということを視聴者は理解するべきなんじゃないかと。
7話の終わり方からして、悲しいラストも考えられそうですけど、中園さんが、主人公をそのまま人でなしにしてはつ恋を貫き通す、夫が緑を自由にする、綺麗事で片付けないリアルさを追求した展開にするのか(もしそうなったら天罰という悲しい結末もありそう。)、それとも登場人物たちの過ちを気付かせる安易だけど最後はドラマらしい展開にするのか、それとも全く予想もできない展開になるのか… 私としては健太が明るく笑ってられるラストに、無理矢理健太を納得させるような結末だけはやめてほしいなと思います。

泣いても笑っても次回最終回。
見せない予告にイライラ。(笑)
この手のドラマってどっちにもくっつかないというのもありかなと思ったんですが、サブタイトルが「ONLY LOVE」ということは、やはりどちらかに決着が着くんでしょうか。
三角関係ですので敗者が出ることになり、切ないラストが待っていそうです。
結末予想がネットにいろいろ出ていて面白いですが、中園さんのオリジナル脚本ですので、視聴者が予想できないような展開が用意されているんじゃないかな~と思っています。
緑の病気は大丈夫なのか、三島くんは医者として復帰できる可能性はあるのだろうか、潤ちゃんは一体どうなってしまうのか…
かけがえのない家族を失った緑に何が残るのか、緑の幸せを壊してしまった三島くんに何が残るのか、緑を手放してしまった潤ちゃんに何が残るのか、幸せになるために3人がどんな選択をするのか、きっとその答えが出るはず。
緑のonlyになれるのは三島くんか潤ちゃんがどっちなんでしょうね~。
終わるの寂しいし、見るのが怖い気もしますが、この切ない気持ちからもう解放されたいので、見て早くすっきりしたいです。(笑)

 2012_07_15



6話はいろんな人が切ない回でしたね~
緑、三島くん、潤ちゃん、緑のお父さん…

失語症の三島が「ドリ」と発した時の、今にも三島に気持ちを持ってかれそうな緑の切ない表情!
佳乃さん巧い!
今にも気持ちが溢れだしそうで、でもぐっとこらえる演技が秀逸でした。

娘を傷つけた相手が誰なのか知った時の緑の父の怒りと悲しみ。
それが目の前にいる相手とは知らず、三島に優しく接する緑のお父さんのシーンはちょっと怖かったよ~
6回の次回予告の時に緑父が怒った表情でコップをドン!とものすごい音を立てて置いていたところがあったので事実知るんだろうな~という予想はついていたので余計にドキドキでした。
今まで何も知らず三島を緑の恩人のスーパードクターと思っていたけど、それがまさか流産した緑を置いて消えてしまった人なんて知ったら、それは父は怒るし悲しいですよね。
串田和美さんの怒号の演技凄かった!!
びっくりしました。

緑の父の言葉で緑の妊娠を知った三島。
緑父から怒られて、もうここにはいられないと、緑の家を後にする姿が切ない…
寝ている緑父にタオルをかけて、土下座する背中が寂しいよ…
あれが今三島に出来る精一杯の気持ちなのかな。
失語症で思うようにしゃべれなくて、伝えたくても伝えられない思いが辛いですよね。

そして、やはりいちばん辛い立場だなと思うのは潤ちゃん。
緑から三島のリハビリを引き受けたいと言われ賛成したけれど、複雑な思いがもう見ていてすごくわかる…
本当はやめてほしいと思っているのかもしれない。
でも潤ちゃんはそんなこと言うタイプじゃない。
潤ちゃん相当我慢してるよね…
切ないです。
潤ちゃんの優しさが最近は痛いです…
それ以上に切なかったのが、三島のリハビリの様子を見ている時。
緑や広瀬らが懐かしいアルバム見ている時、潤ちゃん完全に蚊帳の外。
これは本当に辛すぎです…
そんなパパの様子を察したのかのような息子・健太くんの「チョッ~プ!」が良かったよ~~
健太かわいいよ~
パパ潤ちゃんと息子健太のシーンいいですね~
6話になって、潤ちゃんの笑顔がなくなってきました。
三島との関係を疑うようになって、緑との間にも隙間風が吹いているような、そんな関係になってきました。
二人の関係どうなっていくんでしょうか。

そんなときの、会社の部下の桃子の告白。
あ~、やっぱり。(笑)
酒井さんが村上所長を狙ってる感じはもう見え見えでしたよね~
潤ちゃんは本気で気付いてなさそうですが。
まぁ、潤ちゃんは緑しか見えてなかったということで。(笑)
潤ちゃん、そんな毒牙に引っかかっちゃダメだよ~
潤ちゃんは緑に一途であることを願います。

放送は残り2回。
最終回直前の次回は山場となりそうですね~
ドラマ10のツイッターでも、先日のスタジオパークで潤ちゃん・青木崇高さんも、7話はものすごい回だと言っておられました。
次回予告ってよくできてますよね。
予告見ただけでも、なんだか次回は大変なことになりそうですよ。
潤ちゃんが怒り爆発してます。緑が泣いてます。健太くんが「ママ―!」って泣いています。
村上家の幸せを願う私としては涙腺決壊の予感がするのですが…
あ~、一体どうなってしまうのでしょう。
あと2回。
ドキドキです。

 2012_07_08



なんだかあり得ないことばかりなのに、素敵な映像と効果的な音楽、そして、役者さんの繊細でリアルな演技と演出が見事ひとつになっているのか、ドラマの世界にすごく引き込まれます。

5話は、この上ないほどの村上家の幸せな家庭の様子と、切ない三島、という対比がしっかり描かれていて、よりそれぞれのキャラクターに感情移入できるようになっていたと思います。

夫と子供がお風呂に入っている声を聞きながら、三島からの別れのメールを削除する緑、というのが良い!しかも、「メールを削除するの?しないの?しろー!したー!」と、ドキドキする感じとか、このシーンはぐっときました~。素晴らしい!

幸せな家庭の朝食風景。これもまた良かった~。
こんなの理想ですよね。
5話は「True Heart」とあるように、家族と生きる決心をした緑の、幸せな家庭生活が軸になっていたので、とにかく村上家の幸せな様子がたくさん出てきます。
朝の様子、仕事と学校に行く夫と子供を見送る、晩ご飯の準備、家族で囲む食卓。
フツーのドラマだったらつまらないような場面だけど、このドラマは幸せな家庭生活のささやかなワンシーンでもドラマになっています。子供も重要な役割を持ってますね。
はつ恋はただのラブストーリーではなく、家族の絆もまた描いているんじゃないかなと思います。
村上家がスキヤキ食べながらはつ恋話をしているシーンがありましたが、潤ちゃんのはつ恋(?)話、これは潤ちゃん役、青木崇高さんの実話ですね。
記者会見で、はつ恋エピソードを語っていた時に実際にお話しされた内容がそのまま脚本になってしまいました。(笑) スタッフブログでも、このお話を脚本の中園ミホさんが気に入ったらしくて取り入れたとありました。どこに隠されているのかなと実はずっと気になってました。こういうちょっとした遊び心もまた素敵ですね。
妻子の写メににっこりするとか、ハグする妻子を嬉しそうに見ているとか、幸せな家庭の様子が描かれる中で、とくに潤ちゃんが本当に幸せなんだぁ~と感じた5話でした。潤ちゃんの支えは間違いなく家族なんだろうな~。絵に描いたような素敵な旦那さんでありパパ。4話で緑がご飯作って待っている時も、健太くん背中に乗せて遊んでましたし、朝出かける時もわかりづらいですけど、ちゃんと手を繋いで歩いてますし、会社のデスクの上には家族写真。携帯電話の待ち受けも家族写真。電話帳も緑はちゃんと写真付きです。
保険会社の所長さんだから稼ぎもあって、毎月8万円ほど貯金して(2話)、貯蓄もある。家からは富士山が見えてお茶畑に囲まれて、素敵なマイホームに住んで(しかも広い!)、経済力あって家族を養ってる。幸せ垂れ流しすぎじゃないかというくらい幸せ家族がよく描かれています。
こんな幸せすぎる家庭が壊れるかもしれない?というドキドキ感、そこもこのドラマのポイントのひとつになっていますよね。
でもホント、こんな幸せすぎる家庭が壊れるかもしれないなんて思うと辛いですよね~
潤ちゃんみたいな人は悲しませちゃ駄目ですよね~
潤ちゃんを不幸にしないでくれ~と思いながら見てしまいます。

緑の今ある潤ちゃんとの結婚生活に幸せを感じているのは嘘じゃないと思う。
だけどはつ恋って特別なもので、どうしても忘れられない。
三島の孤独とずっと心に残っている緑との過去。
そして、夫・潤ちゃんの妻を一途に愛する姿。
だけど、だんだん何か勘づき始めて、疑心暗鬼な顔。
3人それぞれの想いが丁寧に描かれているのでとても切ないですね。
こんなに心揺さぶられるドラマは久しぶりです。

5話ラストで脳出血で倒れた三島が緑の患者として再び現れました。
今後の波乱を予感させるような…
この展開からすると次回予告やサブタイトルを見ればドリと三島がどうなっていくかなんとなく予想がつくので、この先は夫・潤ちゃんがどんな行動を取るのかの方が気になります。
潤ちゃんは温厚な性格、とにかく良い人キャラが徹底していますので、今後辛くなりそうな状況にも耐えるのか、それとも何かあるか。

公式の掲示板では三島先生派と潤ちゃん派で分かれているのが面白いですね~
実際、制作サイドの方でも同じような切ない派閥があったそうで、最初は潤ちゃん派が多かったですが、最近は圧倒的に三島派が多いみたいです。
2~3週目くらいまでは潤ちゃんの素敵な旦那さんぶりに支持が多かったですが、3~4週目あたりで三島派急増。でもこれは、緑の幸せな家庭と対比させて魅力的な三島を出しているため、2週目くらいまでは潤ちゃんの方がメインで絡み、だんだん魅力的な三島先生が目立つようになったので、こうなるでしょうね。
ただ、三島先生というよりも伊原さんファンの方の熱烈な書き込み、ドラマに入り込みすぎてその時の感情だけに流されて好き勝手に書いている、という感じもするので、ドラマの世界に入り込んでいるコアな方は兎も角、一般的な視聴者からするとちょっと… 冷静に客観的に見ている方には不快かもしれません。もちろん、感情移入ができるくらい素晴らしいということですが。
なので、潤ちゃん派や青木さんファンには今現在掲示板読むには気の毒な状態かも。ただ、今後の展開で潤ちゃんが裏ヒロイン的な立場になることも考えられ、展開次第では潤ちゃん派の巻き返しがある? もし緑が潤ちゃんの元に戻る、という結末だとしたら、視聴者の心を最終回直前で再び潤ちゃんに戻す、という内容にしなければなりません。今の状態ではドラマでも現実でも潤ちゃん辛い感じですので、そのままの状態にしていてはあまりにも気の毒。それから潤ちゃんを演じる青木さんのNHKへの貢献度からみて不憫な扱いにはならないと信じたいです。
どうなるかわかりませんが、これもNHKは想定済みだったりして。だとしたらしてやったりですね。


5話の視聴率は8.9%と、5週連続上昇しています。すごいです。先週三島が緑のリハビリセンターに患者としてきて、また波乱の展開で、まだまだ数字伸びそうな。
本来の5話放送日(6月19日)に台風が直撃して、番組が差し替えられて、放送が流れましたが、これがどう響くかと思いましたが、良いところでじらされて、それがよかったのかもしれないですね。この番組、本当にいろいろなことに恵まれてない… 出演者の番宣が延期、本放送も順延、ここまで恵まれてないと出演者の方が気の毒というか。評判が良いことで救われてるのが幸いです。
平田満さん出演のスタジオパークは3度目の正直で無事に放送されました。今週火曜は脚本の中園ミホさん、翌日水曜は潤ちゃんこと青木崇高さんのスタジオパーク、無事に放送されることを祈ります。とくに潤ちゃん、これが流れたら(3度目)本当に悲しいです。


 2012_07_01



このドラマいいですね~
どんどん盛り上がってきました。
すっかりハマってます。

ついに緑と三島先生がキスしてしまいました。
やっぱりそう来るか~
そうですよね。
二人は過去の気持ちを封印していたけど、それが解けてしまった感じですよね。
伊原剛志さんいいですね~
「今日はどんな嘘ついてきたの?」
このセリフがなんとも…
そして脚本の中園さんさすが。
セリフといい、緑が三島に会いに行く時に取る包帯のシーンの意味も語られないけど緑の気持ちが現れていてうまい!

緑の「また夫に嘘ついちゃうから…」の、三島先生とのやりとりのシーンのあの切ない表情と涙。
やっぱり佳乃さんの切ない表情はすごくひきこまれる…
こんな顔した佳乃さん、久々かも。
これからも二人の男性の間で揺れる佳乃さんの切ない表情を見ることになるのかな~

妻がはつ恋相手に会いに行っているとは知らず、嬉しそうに緑に留守電残す夫の潤ちゃんが気の毒…
後半は潤ちゃん辛くなりそうで見ていられるかな…
そっちの意味で、このドラマ最後まで見れるか心配です。

3話までは緑と潤ちゃんのラブラブ~な感じがありましたが、4話から大きく展開して三島先生の方が目立つようになったので、二人のラブラブな描写がなかったけど、若い頃の三島と緑のはつ恋エピソードに対峙するような緑と潤ちゃんの馴れ初めエピソードが盛り込まれていたのも良かったです。そのエピソードが、緑にひとめぼれして振られても諦めず猛アタックして結婚にこぎつけた、というのもまた良い。潤ちゃん本人も言ってましたが、本当に頑張ったんですね~。潤ちゃんは本当に緑のことが大好きなんだな~と。だからね~やはり潤ちゃんが不幸になる姿は見たくないなー。

ドラマはいよいよ後半戦。
残り4話ですが、中園さんの脚本ですのでまだドキドキするような何か衝撃的な展開がありそうな気がします。

撮影はすでにクランクアップしている出演者もいるようで、明日がいよいよスタジオ収録最終日でクランクアップだそうです。
佐藤江梨子さんや、息子役の里村洋くんが先日クランクアップ。お疲れさまでした。
佳乃さんや伊原さん、青木さんなど、出番の多い主要3人は明日のスタジオで最後なのかな~?
なんだか私まで寂しくなっちゃいます。

4話の視聴率が8.3!初回からずっと右肩上がり。いいじゃないですか。このドラマ、青木崇高さんや平田満さんのスタジオパークがともに国会中継で放送延期で番宣に恵まれてないのが残念。青木さんなんて、最初の出演が延期になって、2回目も流れたんですよね… たぶん、2回目は出演予定の日に伊豆方面でロケがあったようなのでその都合だと思いますけど。最終回に潤ちゃんスタパ出てくれたらいいなぁ。

 2012_06_17




06  « 2017_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

★お知らせ★

平成29年度前期NHK連続テレビ小説「ひよっこ」
木村佳乃さん&沢村一樹さん出演決定!!

沢村一樹さん→ヒロインの父親・谷田部実役
木村佳乃さん→ヒロインの母親・谷田部美代子役

ニコニコ日記で恋人役だった佳乃さん&沢村さんが朝ドラで夫婦役に!
ニコニコ日記以来14年ぶりの共演です!!

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

いつもニコニコ

Author:いつもニコニコ
ドラマ「ニコニコ日記」をこよなく愛する管理人です。私のドラマ観を大きく変えた作品であり、今いちばん大好きなドラマです。

愛しのリラックマも絶賛応援中です。♪

ここのブログのこと

【ここのブログで応援しているドラマ】
・ニコニコ日記

【ここのブログで主に話題の方々・キーワード】
木村佳乃さん、沢村一樹さん、
大杉漣さん、古田新太さん、
永井杏ちゃん、大塚寧々さん、
ユンソナさん、長山藍子さん、
大森美香さん(脚本家)、
NHKドラマ、
ほか、「ニコニコ日記」に関係したすべての方々

最近はニコニコ日記以外の話題が多いです。

ご訪問者のみなさんへ

管理人が不適切だと思ったコメント・トラックバックは削除させていただきます。
また事情により突然ブログ公開の中止や規制する場合もございます。
ご了承ください。

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-




.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。