第16回
「清正井戸表裏」

第16回みどころ
・秀吉の家来になる信繁
・殺された立花権三
・加藤清正と井戸
・千利休にフラグか
・過保護な本多忠勝

上杉が豊臣に下りました。越後に戻った景勝さまでしたが、信繁は大坂に残り豊臣の馬廻り衆に。最初は驚いていたけど、豊臣の動きが探れるかもと前向きに据えるあたり、信繁らしいし成長したなー。
一方で相変わららず鬱陶しいきりですが、信繁とのやりとりには慣れてきたので少しは温かい目で見れるようになりました。きりちゃんの「源次郎さまの傍にいたい」の告白に「いなくていい」とか、きりの女性としての想いはまだまだ信繁には届きそうにないですが、いいコンビになってきました。
でも、結局きりちゃんも大坂に残って寧さんの傍に使えることに。(笑) この二人のケンカのようなやりとりはすでに夫婦漫才的で面白い。この後側室になるんだろうけど、今の距離くらいが面白くていいなとも思います。

馬廻りだった立花権三が死んだという噂ですが、やっぱりこの人消されましたか~。前回の放送で茶々と目配りしていた人ですよね。秀吉の命で加藤清正が突き落としたとか、清正自身がしたこととか、真相は信繁にとって真犯人は謎です。これまでにもいろんな人が暗殺されており時代劇ではよくあることですが、三谷さんの脚本に殺人事件とかが起きるのは時代劇だからとか関係なく思えるのはやっぱりあのドラマのせいでしょうか。(笑)

茶々から漂う危険な香り。信繁も警戒心も強めていますが、そなこととは裏腹に信繁に近付く茶々。大坂編は茶々がいろいろ振り回してくれそうでドキドキです。
でも、秀吉の優しさの中に見える怖さとか、茶々の危なさとか、その中で誰かが死ぬとか、大坂城怖いよ…

徳川に新しい人物、本多忠勝の娘・稲が登場。自分も真田討伐したい、とこれまたたくましい女性。で、娘に対して過保護な本多さんが微笑ましいなー。やっぱり男性にとって娘って可愛いよね。でも、稲って今何歳の設定?吉田羊さんでは無理があるような。
堺雅人さんとか木村佳乃さんとかも十代の若々しい演技に賛否両論ありましたが、私はお二人に関しては役になりきってるしそれらしい行動や振る舞いもみえて違和感はなかったのですが、稲さんに関しては見た目にも違和感あります…ここらへんは大河あるあるなのでもう多めに見るしかないですけどね。(;´Д`)

真田丸紀行の小田切アナのナレーションに笑った~(笑)

次回は17回「再会」
いよいよ姉上が帰って来る!
家康も上洛か。
いろいろな再会が描かれるのかな。
楽しみです。

スポンサーサイト
 2016_04_30



第15回みどころ
・優しくも怖い秀吉さま
・動揺景勝さま
・千利休の茶室
・秀吉一家の家族団らん
・真田の息子は信繁だけじゃない

タイトル通り、大坂の主役である秀吉にスポットが当たる回。これまで秀吉を演じた俳優さんもたくさんいますが、小日向文世さんの秀吉はあの優しそうな表情の裏に怖さも見えて面白そうです。
一家の家族団らんシーンは和んだけれど、ナレーションにもあった今後何かが起こりそうな予感。それに茶々が立花権三という男と目配せしていたのを見ていた表情がそれまでの穏やかさから一瞬にして変わったのが怖いよ。この人大丈夫かな?

秀吉から真田には加勢するなと言われて動揺の景勝さま。景勝さまはいい人すぎて何かしてあげたいけど実際には何もできない、こういう人が追い込まれると悲しいよ。「生涯で一番苦い茶であった」の台詞が景勝の苦悩を表していて気持ちが胸に響きました。

大坂編新たな人物も続々。後に娘が信繁の正室になる大谷吉継。今後信繁とどう関わってくるか楽しみです。演じているのが今話題の片岡愛之助さん。そういえば大河には歌舞伎俳優枠もありますねー。むしろ歌舞伎俳優は突然の主役に抜擢される場合も多いですが、歌舞伎で培った確かな演技力があるので脇役でも存在は光ります。
千利休役は桂文枝さん。なんか見て納得。大御所俳優が演じるのもいいけど、違うジャンルの人が演じるには味があっておもしろい人物になるんだと思います。襖を開けたら「いらっしゃ~い」が聞けそうな気がしてつらい。(笑)
秀吉の奥方・寧役は鈴木京香さん。寧々役もいろんな女優さんが演じてますが、京香さんの寧も歴代の寧々のイメージとは個人的には違うと思うところですが、これも三谷版ということなのでしょうね。
そして愛知を舞台にしたドラマではお馴染みの山田昌さんを久々に見ましたが元気そうでなによりです。昔木村佳乃さん主演のNHK月曜ドラマシリーズ「名古屋仏壇物語」にも出ていたな~。
大坂編がメインになって天真爛漫な茶々もいるしきりの存在がフツーになってきた感じがします。見慣れたせいもあるのかきりのうざさは相変わらずですが可愛いです。

一方真田家は秀吉からの上洛催促に慎重になっている昌幸パパとまた何か思い詰めている信幸くん。昌幸さんと薫さんの夫婦のシーンは安心するな~。膝枕のシーンまた出た~。気が強い薫さんだけど、昌幸さんのこと大好きだし、よくわかってるよね。そして、昌幸さんが信繁寄りなところを、薫さんが信幸を案じているのがちゃんと母の顔。旦那様を信頼し癒し良い夫婦。娘の松がおしどり夫婦になるのも、両親夫婦を見ると納得です。
たしかに真田家は信繁>信幸という感じで信幸は父上に騙されたり蚊帳の外で見ていても可愛そうなところがありますが、信幸の活躍はもっと先にきっとあるはず。兄上の頑張りも今後の期待です。

次回第16回
なにやら秀吉の怖さが…
家康チームの動きも気になります。


 2016_04_23



第14回みどころ
・石川数正出奔
・徳川に召し抱えられた信尹
・嫌味な石田三成
・天真爛漫・茶々
・かわいい小日向秀吉

真田との戦に敗れた徳川でしたが、徳川には信尹が捕らわれています。徳川に召し抱えられた信尹さんのその後も気になります。牢に入りながら冷静に石川数正を調略するとか、この方も怖ろしい… もしかしたら敵に回したら昌幸さんより怖いかもしれない。(^^ゞ

一方、戦に勝利した真田家ですが、信繁は梅を失って気落ちしています。姉を失い、妻を失い、信繁にとって大切な人の死を目の当たりにするのは2度目。それは落ち込むでしょうね。そんな時に信繁を励ましてくれるのは今回も三十郎。時には真田の家臣として奮闘し、時には信繁を叱咤する役目を担い、三十郎もいい仕事をしています。
迫田孝也さんも三十郎役を好演しており、4月から2本の民放ドラマ掛け持ちなうえ、舞台にも出演で大忙し。この方も真田丸で一気にメジャー級になりそうな予感。

越後に戻った信繁は上洛する景勝についていくか迷っていますが、直江兼続に説得されて共に大坂へ。信繁と兼続の関係もなんだか良くなってきていて、みんな信繁を気に入ってきていますね。こういう性格は主人公によくあること。
きりちゃんも大坂同行かぁ~。まあヒロインですからね。うざキャラになりすぎなければいいけど… 代わりに三十郎が残されることに。ついていきたいと懇願する三十郎の信繁に対する思いが伝わっていい家臣だなー。しかも信繁と大坂に行くきりを恨めしそうに見ているのが微笑ましかったよ。(*^^*) 三十郎今後も出てくるかな~?愛すべき家臣って感じでわりと好きだんだよね。

信繁の大坂行きにまた自分は蚊帳の外と愚痴をこぼす信幸のシーンが笑えました。たぶんあれはおこうさんだと思って話したんですよねきっと。画面に奥方の顔が映らなかったこと、派手な着物、そして歩いてくるおこうさんらしき着物が見えたので、膝枕はきっと母上だろうと思いましたがやっぱり。(笑) あの慌てようとか、嫉妬するほど器は小さくないと言いながら嫉妬してそうな信幸くんが大泉洋さんが演じているからなのかとても面白いです。(笑)
でも真面目におこうさんの膝枕の信幸くんも見たかった気がします。時代劇の夫婦の膝枕っていいなぁ~。現代劇とは違って露骨な愛情表現ができない分、時代劇では膝枕って夫婦の絆とか信頼関係とか、ちょっとした愛情表現にも見えて、真田家の夫婦はみんなラブラブで可愛いので膝枕のシーンは安心するなー。昌幸さんと薫さんの膝枕には夫婦の愛情が見えて素敵でした。ああ、、、茂誠さまと松さまも見てみたい。この夫婦がしたらすごそう。(笑)

そして舞台はいよいよ大坂へ!その途中まず出会ったのが石田三成。人に不快を与える何かを持っている三成さん。(笑) 山本耕史さん出たー!!やっぱり山本さんは何を演っても巧いなー。三谷作品における安心感もあるし、大坂編で一番期待しています。あとはやっぱり堺さんとの共演には「新撰組!」を思い出さずにはいられませんよね!これは新撰組ファンにはたまらないかと思います。
その次に出てきた加藤清正。新井さんも出たー!嬉しいー!実は最近新井浩文さんお気に入りの役者さん。三谷作品はたぶん初出演だと思うんですが、昨年NHKで放送された「ロクヨン」というドラマの記者発表で、「また連ドラだったので次は大河呼んでください(笑)」みたいな発言をしていて、半分冗談のつもりだったようですが実現してくれて嬉しいなぁ~。ロクヨンのプロデューサーさんは真田丸のプロデューサーでもある屋敷さん。しかもロクヨン組からは他にも木村佳乃さん、平岳大さん、中原丈雄さん、段田安則さんなども真田丸に出演しており、P繋がりで出演する役者さんは信頼があるのか重要な役を与えられています。吉川P繋がりもある高木渉さんも然り。

三成は早々に出てきましたが、茶々や秀吉がなかなか出て来ず焦らされました。(笑) 大坂編スタートですが、初回なので大坂メインになったのなんて後半くらい、そして残り5分くらいでやっと茶々や秀吉が出てきました。しかも小日向さんなんて最後ワンシーンだけ。(笑) でもなんだかかわいく見えたよ。
茶々は大坂編の華的ポジション。今回の茶々はなかなかの天真爛漫なようで、いきなり信繁の頬を触って「わりと好きな顔」とか、これまたインパクトのある登場の仕方でした。茶々が大坂編のウザキャラになりそうな予感。私の中で茶々といえば「秀吉」の松たか子さんなんですが、今回演じる竹内結子さんは時代劇ではあまりお見かけしないのでどんなふうになるのか楽しみです。

明日は第15回
鈴木京香さんに片岡愛之助さんと、まだまだ大坂編には豪華な俳優陣が出てきます。
千利休役に桂文枝さんという配役が面白くて気になります。(笑)

 2016_04_16



第13回みどころ
・信繁挑発
・梅のお守り
・梅ちゃん死す

信繁青春篇いよいよクライマックス、第一次上田合戦。45分全部の尺を使って戦シーンはそうないので、戦の一部始終をじっくり見れるのは面白いです。ちゃんとわかりやすく作戦を説明してくれるので真田の動きがよくわかり、あそこのシーンは誰、ここのシーンは誰とかもわかる。歴史が苦手な人でも見やすいです。
これは三谷大河なので固くなって見ては損。戦シーンまで真面目にならないのがやっぱり三谷さん。(笑) まず敵を挑発するところから始まりますが、これを見ただけでおかしな戦シーンになるだろうなというのがわかります。(笑) お湯かけたり石投げたり落とし穴作ったり、三谷さんらしいな。確かにまぁ、時代劇って戦シーンはみどころのひとつだから真面目に格好良くやるのがお決まりですが、それが正しいなんて思いません。従来の型にはまらずその脚本家が持つ味を出せるのも良いことだと思います。まさかこんな展開があるのか、と思うところが実は史実に沿っている衝撃。大河の雰囲気を残しつつ、三谷テイストが出ている真田丸はなかなか傑作になりそうな予感がします。

農民の作兵衛も素破の出浦さんや猿飛佐助も、みんな自分の役割をちゃんと果たして、まさに真田一族の戦。でもやっぱり一番おいしいところを持っていくのは昌幸パパ。(笑) 堺雅人さんが主人公ですが、ドラマの展開上ではいまのところ草刈正雄さんが完全主役だよね。(笑) まあ、真田一族の物語ですから、まだ若い信繁は父の背中を見ている状況ですから今一番輝いているのが昌幸さんなのは仕方のないことです。

戦で火花バチバチの男性陣の間に梅ちゃんが赤ん坊の世話をするシーンが間に入るのも面白いですが、梅の行動にはイライラさせられてしまった… 戦は男に任せて女はおとなしく待っていればあんなことにはならなかったはず。梅ちゃんの行動は愚かだったと思うと彼女の死は仕方ないのかもしれません。大河で主人公の初恋相手だったり最初の人が死ぬのはよくあること。でも、演じる黒木華さんは素晴らしい女優さんなのでこれで見納めかと思うと残念です。

上田合戦に茂誠さまやお松さまが居ないのが悲しい(´;ω;`) まさか姉上が帰ってくるまでに第1部が終わってしまうとは…作中で父上の怒りは2年くらいで収まるでしょう、と言っていた言葉を信じて待っていたのですが、物語上ではもう3年の月日。実際の放送期間ではあともう少しで帰ってきますが、姉上夫婦も大事な真田一族なので寂しいよ。
合戦シーンの茂誠さまが見たかったな。だって、声優の高木渉さんがまさか時代劇で合戦シーン演じるなんて貴重すぎる映像だもの。でも、茂誠さまはたぶん大坂の陣では活躍してくれるはずなのでその時を楽しみにしてます。

信州を舞台にした信繁青春編はこれでひとまず完結。ここまでの出演者では草刈正雄さん、内野聖陽さん、木村佳乃さんの御三方が素晴らしいなぁ~と思いながら見ています。草刈さんはもう昌幸さん主役になってるほどですが、なかなか良い味を出していて、草刈さんの演技がより良くしていると思います。
内野さんと佳乃さんは今回コミカルな役柄ですが、内野さんは抜群の演技力で家康の情けない部分を巧く表現していますし、佳乃さんはおとぼけキャラでありながら実際に年下の長澤まさみさんや黒木華さんよりも若々しい小娘になりきって旦那様大好きなところが本当に可愛く夫婦のシーンもすごく素敵に演じています。松様早く帰ってきてぇ~!

次回から物語のメインは大坂へ移ります。
秀吉、三成、茶々など、新しい人物も続々登場。
山本耕史さんに竹内結子さんに鈴木京香さんに小日向文世さん…大阪編の俳優陣も豪華ですね~。
個人的には最近お気に入りの新井浩文さんが加藤清正役で出るので楽しみです♪

 2016_04_09



第12回
「人質信繁鉄火」

第12回みどころ
・真田家再び上杉につく
・信繁が人質として上杉へ
・真田家徳川と縁を切る
・鉄火起請
・梅女児出産

徳川との戦に備えるために一度裏切った相手にまたつくとか、昌幸さんがなりふり構わずで、あっちについたりこっちについたりで視聴者も振り回されます。父上が上杉に手紙書いたという信幸のリアクションは正しすぎて笑える~。父上また何か始まった感が面白いです。(笑)

今回は上杉の回。一度は憤った景勝さん、懐の深い人でよかったよ。真田家が試されているとはいえ、この方も戦国武将でありながら、人間らしさ、義を重んじるところがあって、受け入れやすい。困った人の話を聞くことしかできないって無責任だけど、その痛さが伝わるし、景勝さまの人の良さが出ていてよかったな~。独特の雰囲気をもっていらっしゃる遠藤憲一さんですが、こんな人の良さそうな役もはまって素敵です。
家臣の直江兼続の方がいや~な感じだけど、家臣としては切れ者だし、景勝が信頼し一目置いているのもわかりますよね。兼続も景勝のことちゃんとわかって、結局この人もいい人に見えてくる不思議。
直江兼続といったら2009年の大河ドラマ「天地人」の主人公にもなり、無名だったのが一躍有名になりましたが、今回三谷テイストというともありイメージは違いますが、脚本家によって変わる武将のその時の雰囲気を楽しめるのも時代の良さだな~って思います。

鉄火起請なんて昔の人は怖いことするな~。時代劇の何が楽しいって、こういう知らないことも出てきて勉強になるのもいいんだよね。信繁が鉄火起請をしようとしたのは、問題を解決させるための作戦だよね。
茂誠を安土に行く松の下男に紛れさせれるとか、信繁って切れ者なところが良さのひとつで、今のところパパ様に主役感があるけど、最後はやっぱり決めるところが主人公らしいです。

きりちゃん梅ちゃんの三角関係、表面上はさっぱりしていて見ていて気持ち良いのだけど、内面は梅ちゃんがしたたかすぎてきりちゃんの方がだんだん可愛い女子に見えるよね。梅ちゃんも策士だなぁ~。だけど女の腹黒さは怖い…
なんとなく思ったけど、信繁と梅ちゃんって本当にパートナーになれるのかな?本当に好き合ってるというようには見えない。対して、きりちゃんは冒頭でのシーンを見て信繁のことちゃんと知ってそうだし、信繁もきりに助けられて彼女の良さにだんだん気づいていけば信頼し合えるパートナーになれそうです。やっぱり三谷さんちゃんと考えてますね。ヒロインはきりちゃんですから、そうならなきゃ視聴者はついてきません。
梅ちゃんが無事に女の子を出産。信繁最初の子供になります。信幸くんや松さんの子供も今後出てくるのかな~?

そういえばナレーションで久しぶりに年号の説明があって、今が天正13年と気がつきました。松姉さん行方不明から3年の月日が流れているのですね… そろそろ姉上と茂誠さまが恋しくなってきました。佳乃さぁ~ん!高木さぁ~ん!(´;ω;`)ウゥゥ

真田丸ではもうおなじみの主人公に関係のない合戦は早送り。
小牧長久手の戦いがナレーションで片付きました。(笑)

次回、信繁青春篇がクライマックス。
徳川vs真田、いよいよ第一次上田合戦!


 2016_04_02




03  « 2016_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

★お知らせ★

平成29年度前期NHK連続テレビ小説「ひよっこ」
木村佳乃さん&沢村一樹さん出演決定!!

沢村一樹さん→ヒロインの父親・谷田部実役
木村佳乃さん→ヒロインの母親・谷田部美代子役

ニコニコ日記で恋人役だった佳乃さん&沢村さんが朝ドラで夫婦役に!
ニコニコ日記以来14年ぶりの共演です!!

カレンダー

03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

いつもニコニコ

Author:いつもニコニコ
ドラマ「ニコニコ日記」をこよなく愛する管理人です。私のドラマ観を大きく変えた作品であり、今いちばん大好きなドラマです。

愛しのリラックマも絶賛応援中です。♪

ここのブログのこと

【ここのブログで応援しているドラマ】
・ニコニコ日記

【ここのブログで主に話題の方々・キーワード】
木村佳乃さん、沢村一樹さん、
大杉漣さん、古田新太さん、
永井杏ちゃん、大塚寧々さん、
ユンソナさん、長山藍子さん、
大森美香さん(脚本家)、
NHKドラマ、
ほか、「ニコニコ日記」に関係したすべての方々

最近はニコニコ日記以外の話題が多いです。

ご訪問者のみなさんへ

管理人が不適切だと思ったコメント・トラックバックは削除させていただきます。
また事情により突然ブログ公開の中止や規制する場合もございます。
ご了承ください。

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-




.