上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--



第20回
「探偵信繁名推理!前兆」

第20回ハイライト
・姉上が帰還
・稲の輿入れ
・落書きの犯人を探せ
・秀吉ご乱心
・茶々が男児出産

父上と源三郎とともに姉上が無事に真田に帰り、母上やおばば様と再会できました。よかった!とくに薫ママは娘が死んだものだと一番嘆き悲しまれていたので、母上との再会は姉上再登場からまだかとずっと待っていたので安心しました。
無事に家族と再会しましたが、一番再会しなくてはならない旦那様との再会がまだですよお松さん!ここまできて茂誠さまとの再会がないのが不自然にも思えてくるのですが、逆に茂誠さまとの再会が期待できる流れかもしれません。おこうさんのことは覚えてないようですし、もう家族だいたい再会しましたからお松さまの記憶を完全に取り戻すにはいまだに出て来ない茂誠さまの存在が不可欠になりそうな気がしますね~。
史実通り茂誠さまが北条にいるとすれば、そろそろ小田原北条攻めが近そうなので再登場しそうな気がするのですが、その時になんらかのカタチで茂誠さまが北条側で登場して何かのきっかけで再会するのが無難な流れでしょうね。いきなりお松さまと再会はないでしょう。おそらくきっかけを作るのが信繁になるんじゃないかなと思うのですが。小山田夫婦の物語には必ず信繁が絡んでいますから、再会するときも信繁が活躍してくれそうな気がします。
一方、本当に信幸とおこうが離縁となり稲が正室になりました。離縁をあっさり受け入れるおこうさん理解良すぎるよ。でも、真田の人たちに暖かく送り出されて、おこうさんもちゃんと真田の一員だったんだなぁ。姉上はさらっと毒吐いた気がしたけど。(笑)
おこうさんは郷に戻されたと思ったら真田家の侍女に!元妻・おこうと正室・稲に挟まれて、またひとつ悩みの種ができた信幸くん。(笑) 「遠慮なくなんでもお申し付けくださいませ」と言ったおこうさんに対する「できるわけないだろ!」がコントみたいな台詞回して、信幸は真剣なんだろうけど笑ってしまいました。(笑) 真田嫡男の気苦労はまだまだ続きそうですね。

大坂では茶々が懐妊。秀吉は喜びますが、本当に秀吉の子なのか、と揶揄する落書きがあり秀吉が激怒してさあ大変!な回。ただのいたずらなのに本気で怒って罪のない人まで殺してしまう秀吉が怖すぎました… 今回はだれもが秀吉の行き過ぎた行動に困惑していますが、いつもクールな三成でさえ戸惑う姿は新鮮でした。
そして、事件を落着させるための信繁の策に乗っかる三成さんもあまり見れないですね。いつも信繁にダメ出しする三成が今回は信繁に助けられて、信繁少しは認めてもらえるといいのですがね…
でも、そんな秀吉を止められるのは妻の寧さま。「秀吉さまは耄碌なさったんか!」の寧様の叱咤が恰好良すぎました。貫禄あってすごかったな~。鈴木京香さんは三谷作品常連だしキャリアも長く、ああいう役は貫禄あって素敵です。

いろいろありましたが無事に茶々が秀吉の子を出産しました。大坂でもまだまだこれからいろいろ起こりそうですね。

次回は第21回「戦端」
久しぶりに北条氏政が登場です。
また乱世に逆戻りしてしまうのでしょうか?


スポンサーサイト
 2016_05_28



第19回
「恋路」

第19回ハイライト
・茶々に振り回される源次郎
・徳川と真田の縁組
・加藤清正が九州へ
・茶々を口説く秀吉
・茶々が秀吉の側室に

大坂では源次郎が相変わらず茶々に振り回されてますねー。おかげで男女の仲と疑われるような噂が。信繁が必死に逃げ回っているも無邪気に茶々が近寄ってくる絶妙な距離間が面白いなー。茶々様が本気で源次郎に惚れている、という感じではなさそうだけど、気に入られているのは間違いなさそうだし、みんなから言われているように信繁に隙があったのでしょうねぇ。
でも、茶々が秀吉の側室になって解放されてよかったよ。殿下がいつお怒りになるかと思うと、信繁じゃないけど見ていてヒヤヒヤしますから。でも、不思議な糸で結ばれている、同じ日に死ぬ、という茶々の言葉が終盤へ繋がりそうで意味深ですね。

小さいころから人が殺されていくことを見て悲しまなくなったという茶々への秀吉の優しさがもう口説いているようにしか見えません。(笑) しかも寧とは戦仲間、色恋はない、とか、あっさり言っちゃうのが可笑しいような悲しいような。(笑) でも、妻の前で茶々に惚れたと言えちゃうところとか、そんな夫の告白にもでんと構える寧さますごくて、たしかに恋というより信頼できるパートナーみたいな感じにも見えますね。

茶々が正式に秀吉の側室になって、有働アナのナレーションにもあった、これが秀吉政権の崩壊への道のりになりそうで、果たして三谷版戦国大河はこのあとどう描かれるのか楽しみでもあります。

一方、真田では徳川との結束を強めるため、信幸に本多忠勝の娘・稲との縁談が持ち込まれましたが、おこうさんはどうなるの~?離縁すればいいって、そう簡単に言われても… 昌幸パッパもあっさり了承とか鬼畜だ。(笑) 
稲さんも徳川と真田の架け橋になりたい、とか言ってもあれほど嫌がってたわけだし、稲さんはのちの小松姫になる人なので、今後どうやって信幸と心を通わせていくのかもみどころですね。でも、やっぱりおこうさんとの行方が心配…

姉上は大坂に残らず、父上や源三郎と一緒に真田に戻りそうでよかった~。でも、途中寄った岡崎城が一度も来たことがないのに覚えてないとか、源三郎を源次郎と間違えるとか、記憶が混乱しているようで完治ではなさそう。姉上にもまだまだ何かありそうです。

次回は、秀吉さまがお怒りの様子。
源三郎も無理だと嘆いてますね。
何がどうなるのでしょうか。


 2016_05_21



第18回
「上洛」

第18回ハイライト
・真田昌幸ついに上洛
・父上と源三郎、信繁と再会
・父上屈辱を味わう
・帰ってきた姉上!
・家康の高笑い

昌幸がようやく上洛しましたね~。おかげで今週は大坂で真田家のシーンが久しぶりにたくさんで嬉しいなぁ~。真田丸は真田一族の物語ですからやっぱり真田家が愛おしいです。
でもようやっと上洛したのに秀吉はなかなか姿を見せないし、ようやく拝謁できたと思ったら伝えられたのは徳川の与力大名になれという事実。
でも石田三成が言う通り、徳川や上杉は有力大名。一方で真田は国衆にすぎない。だから泊まる場所も古い寺、献上品にもケチをつけられ、散々だけどこれがこの時代の当たり前なのかもしれません。
それでも真田家目線で見るとやっぱり無礼な扱いされた父上の気持ちを思うと切ないし、父上の背中が寂しい。 「わしはどこで間違えた…」の父上のこの一言だけで十分辛い気持ちが伝わってきます。そんな中で徳川に会いに行けとか悲しすぎるよね…

切ない中で今回は姉上に救われました。姉上がいなかったら本当にやるせない回のみになってしまいます。
姉上らしき女性はやっぱり人違いだと否定しますが、匂い袋を持っていたお藤さん。匂い袋は茂誠さまを思い出す鍵ではなくて、視聴者や信繁が思っている姉上だろうという推測を確信に変えるという意味の役割でしょうね。茂誠さまの名前を出しても姉上何も思い出せず…
そんな中で、父上&源三郎が無事に姉上と再会できました。ああ、よかったよ~。でも、それでも姉上の記憶は戻らずで、真田の郷での姉上との思い出話をして記憶を戻そう!作戦ですが、ろくでもない思い出ばっかり。(笑) 「父上の背中におしっこ」、「源三郎の鼻にサワガニのはさみ」、「源次郎に干からびたカエル」、「きりちゃんと男の品定め」 まるで姉上黒歴史暴露大会か姉上被害者の会みたいになってる。(笑) その時の木村佳乃さんの微妙な表情の変化が素晴らしい!
それでも思い出せなかったのに…まさか、まさかの!きりちゃんの踵を見て、カカトカサカサで姉上の記憶復活!!(笑) えーーそんな展開!?!?(笑) 佳乃さんが椅子から転げ落ちたというのはこのことか!!やはり普通にならないのは三谷さんらしい。(笑)
でもよく考えたら、このカカトカサカサって見えないところに茂誠さまがちゃんと居るんですよね。真田の郷には帰れない夫を必死に匿っている。茂誠さまがいなかったらこの女子会は生まれていないわけで、ある意味茂誠さまの愛が松さまの記憶を取り戻したといってもいいのかも・・・しれない。と都合の良い解釈をしてみる。(笑)
でも、記憶喪失って悲劇を封印するためにその時に絡んでいた人や物が最も思い出せないことがあるので、この場合悲劇の場所に居合わせた最愛である茂誠さまが思い出せない、なんてことも有り得る話。どうなりますか。
おそらく茂誠さまとの再会は家族の中では最後になるでしょう。松と茂誠は夫婦愛の行方そのものがこの二人のみどころにもなっていると思うので、三谷さんはそう簡単には再会させてくれないんじゃないでしょうか。でもその分、きっと感動的な再会が待っている…と信じています。きっとその時こそ本当に匂い袋が鍵になるのかも?しれませんね。
茂誠さま、(史実はわかっていても)本当にどこにいっちゃったの~? 松さまの記憶が戻ったのだから、残るは茂誠回収だよね。信繁の言うように5年近く経っても本当にまだ琵琶湖のほとりにいたらそれもまた松様愛が素敵すぎて感動で泣けるよ~。そんな展開も見てみたいですが。(笑) 琵琶湖のほとりで松を想って今でも泣いているのか、北条に身を寄せているのか、真田に戻ってくるまでの小山田茂誠の具体的な動きは不明なので好き好きに妄想するのも楽しいでしょう。(笑) ここからどうやって松と茂誠が繋がっていくのか楽しみです。

上田城ではおとりさまも薫さまもおこうさまも待っています。このまま無事に松さまが真田の元に帰れますように。おこうさん、ご飯がちゃんとよそえるようになっていてよかったです。(笑)

次回は信繁と茶々が接近?
信幸と稲が縁組?
これまたいろいろな色恋が描かれるのかな。


 2016_05_14



第17回 
「再会」

第17回ハイライト
・秀吉VS家康
・仏頂面の旭姫
・信繁と家康が再会
・秀吉と家康の芝居
・信繁と姉上(?)再会(但し姉上記憶喪失)

徳川も真田もなかなか上洛しませんね~。相手の行動の真意を見極めて動く中で、旭姫と大政所、信繁と家康との再会もあり、今回の主題である再会を絡んで描いていました。

秀吉の妹・旭姫。夫と離縁させられ家康の正室となった旭姫の不機嫌さがすごい。笑っていても笑ってみえない仏頂面が可笑しかった。(笑) しかも演じているのが清水ミチコさんということで納得だわ。やっぱり清水さん芸達者だな~。
徳川の人質となった秀吉の母・なか。自分の母親を人質に出すなんて、と咎めていた寧さまですが、真田も婆様を人質に出したよね。(笑) まぁ、おとりさまは最強ですけど。(笑)
大政所人質に寧様、加藤清正や福島正則も反対してましたが、大阪城って怖い反面情に厚い面々がいるのも面白いなー。清正が熱い男だ~。
石田三成は冷たくあしらってるけど、結局のところ大政所を守るために力を尽くしてる。みんな同じなんだね。
なんだか石田三成が土方歳三に通ずるところがある気がする。(笑) 山本耕史さんはやっぱりすごいなー。コメディやると本当に面白いし、クールで嫌味な役やると本当に腹立つよ。あっぱれ。

秀吉が母親を人質に出したことで上洛を決めた家康。秀吉と家康の面会を取り持つことで家康と再会した信繁。秀吉の「力になってちょー」がかわいい。(笑) 秀吉さん怖い中にかわいさがあって今まで見てきた秀吉と少し違ってこれも三谷版秀吉像かな。
なんと、家康が秀吉への拝謁前夜にこっそりあって打ち合わせする秀吉と家康ですが、家康さん芝居苦手なのか。(笑) その通り当日は芝居してる感じが見える秀吉と家康のちょっと間抜けな拝謁でしたね。(笑) こういう格好良く描くべき部分を情けなくみせるあたりも三谷さんらしい。

家康と秀吉が上洛をかけた睨み合いが続いている中、昌幸さんも上洛気配が全くありませんが、真田の都合の良い展開に動いて真田の値打ちを認めた、という図々しい発言やじらし作戦で上洛をしぶる昌幸の策士ぶりとその自信は見ていて相変わらず面白くて楽しいなぁ。
徳川の配下になってもちゃんと文を真田に出す叔父上が相変わらず有能。一方で三成にばれてなかなか書状が届かない真田の息子たち。(笑) 叔父上のようになるにはまだまだですね。(;´∀`)

そして、本筋の再会ではないですが、やっと再登場の姉上。なんと、出雲阿国の一座の踊り子になっていました。信繁はすぐに姉上だと気づきますが、本人は人違いと否定。しかも松さんではなくお藤さんという名前。姉上、本当に記憶喪失なんだ…琵琶湖に身投げした回想が出てきたのが切なかったよ。あんなに信繁と仲良しで明るかった姉上が信繁のこと覚えていなくて辛いな… 「踊り子は旅の途中で拾われた身寄りのない不憫な子たち」というのがまた泣けます。ただ、踊っているときはどこか哀愁漂って悲劇のヒロインって感じだけど、しゃべると姉上だったのでちょっと安心。(笑) 記憶がなくても根本的な性格は変わらないんだろうなぁ~。
こんな状況を救えるのはやっぱり最愛の茂誠さまなのかなぁ~とは思うし、少女漫画的展開であるなら、あの匂い袋が鍵になるだろうと思う。松さんと茂誠さまはラブラブ夫婦なのでそんな展開になってもこの二人なら問題なし。(笑) それに全国の小山田夫婦カムバック待っている方はみんなそんな展開望んでますって。(笑)
でもなにせ喜劇作家の三谷さん脚本ですから大河ドラマでそんな陳腐な展開にはならないでしょう。公式の次回予告の写真に姉上が匂い袋持ってるシーンがありましたが匂い袋はトラップでもっと意外な展開で記憶は戻るでしょうか。でもそれが何かは全く予想がつきません。
茂誠さまの再登場が待たれますが、松様との再会含め再登場はそう遠くはないと思いますが、まだ出てこないんじゃないかな?史実だと今頃北条に仕えている頃だと思いますので、小田原・北条攻めあたりに北条の家臣としてひょっこり出てきそうな気がするのですが。冒頭らへんでちらっと北条の話も出てましたし。兎にも角にも無事に小山田夫婦が再会できることを願います。

出雲阿国役のシルビア・グラブさんってどっかで名前聞いたことあるなと思ったら、高嶋政宏さんの奥様でした。北条氏政役で弟の高嶋政伸さんが出てるし、これも三谷さん仕掛けたな~。
いろんな畑からゲストで出てくる方々も豪華で、これからもちょこちょこ意外な方が仕掛けられてくるのかな~。

次回はいよいよ「上洛」
弱気な父上が気になります。
姉上が家族と再会。記憶は戻らないの?
次回も気になる展開で目が離せません。


 2016_05_07




04  « 2016_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

★お知らせ★

平成29年度前期NHK連続テレビ小説「ひよっこ」
木村佳乃さん&沢村一樹さん出演決定!!

沢村一樹さん→ヒロインの父親・谷田部実役
木村佳乃さん→ヒロインの母親・谷田部美代子役

ニコニコ日記で恋人役だった佳乃さん&沢村さんが朝ドラで夫婦役に!
ニコニコ日記以来14年ぶりの共演です!!

カレンダー

04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

いつもニコニコ

Author:いつもニコニコ
ドラマ「ニコニコ日記」をこよなく愛する管理人です。私のドラマ観を大きく変えた作品であり、今いちばん大好きなドラマです。

愛しのリラックマも絶賛応援中です。♪

ここのブログのこと

【ここのブログで応援しているドラマ】
・ニコニコ日記

【ここのブログで主に話題の方々・キーワード】
木村佳乃さん、沢村一樹さん、
大杉漣さん、古田新太さん、
永井杏ちゃん、大塚寧々さん、
ユンソナさん、長山藍子さん、
大森美香さん(脚本家)、
NHKドラマ、
ほか、「ニコニコ日記」に関係したすべての方々

最近はニコニコ日記以外の話題が多いです。

ご訪問者のみなさんへ

管理人が不適切だと思ったコメント・トラックバックは削除させていただきます。
また事情により突然ブログ公開の中止や規制する場合もございます。
ご了承ください。

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-




.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。