avatar image

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

踊る!さんま御殿

お風呂から出てきてテレビをつけたら、ちょうど「踊る!さんま御殿」が始まるところで、ユンソナさんが出ているのを発見!

“うざい”っていうのが上手く言えなくて、“うじゃい”になってしまったソナさん。
ユンソナさんのちょっとなまった日本語って可愛いです^^
韓国の方って、さ行が苦手なんですかね?
でも、ユンソナさんの日本語はほとんど聞き取れるし、上手い方ですよね。

ご結婚され、新居は韓国なので、日韓を往復しているユンソナさん。
仕事を減らし、今では2週間に4日間ぐらいだということです。
旦那さんには、楽しく仕事をしてもらいたいといわれているそうです。
理解があるご主人ですね。
末永くお幸せに。

こうなると気になるのが、ケイちゃん=佳乃さんです。。。
ドラマではケイちゃんが先にゴールインしたけど、現実ではユンソナさんに先を越されてしまいました。。。
佳乃さんにも幸せになってほしいですね。
でも、ファンとしてはまだまだ佳乃さんにはお仕事も頑張っていただきたい、ちょっぴり微妙な心境です。

ユンソナさんのお話に戻しますね。

トークのテーマは最近感覚が麻痺してきたと感じるとき

日本の味に慣れ、韓国の実家の料理が辛いんだそうです。

ユンソナ:「韓国に帰って。私の実家に帰ったとき、最近、お母さんのキムチが辛いと思って。」
一同:「あぁ~」
さんま:「あぁ~すごい話やね~」
ユンソナ:「6年ですね、日本に来て。」
さんま:「はい。」
ユンソナ:「日本人の味に合わせたキムチに慣れてきたので。」
さんま:「慣れてしまったんだ。」
ユンソナ:「だから、家庭のキムチとかキムチ鍋とか全部辛いんですよ。」
さんま:「はぁ~(驚)」
ユンソナ:「変わってないはずなんですよ。味は。」
さんま:「向こうはね。」
ユンソナ:「はい。」

いやぁ~、そんなことがあるんですね~
日本に来て6年ですか。
その後のトークにもありましたが、母親の味って忘れないものなのに、ゲストの土田晃之さんもお母さんよりお嫁さんの味に慣れてしまったらしく、実家の料理が不味いと感じたそうです。
慣れって時には怖いこともあるもんだなぁ~と思いました。
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。