avatar image

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dr.コトー診療所2006 最終回

いやぁ~、終わってしまいましたね~

最終回を見て、「身内はオペができない」ということがよくわかりました。

コトー先生にとって彩佳は近しい存在。
公私混同してしまうコトー先生に鳴海先生が叱咤するシーンは胸に迫るものがありました。

何はともあれ、彩佳の手術が無事に成功してよかったです^^

大塚寧々さん演じる茉莉子さんとも今日でお別れ。
時任三郎さんと海辺でビール飲みながら話をするシーンよかったな。
寧々さんは全編通して登場シーンが少ないんだけど、最終回ぐらいはもう少し出してほしかったなぁ。

大塚寧々さんは作品に恵まれているなと思いました。
コトー、ニコニコ日記、大河ドラマ、いつかまた逢える、HEROなどなど…
寧々さん出演の作品はハズレが少ないですね。

このドラマ、シリーズ含めてクオリティが高いのなんの。
演技派の役者が揃ってるし、脚本もいい。

「ニコニコ日記」がNHKの秀作ドラマなら、「コトー」が民放で見た久々の秀作ドラマといってもいいです。

まだまだコトー先生は帰ってきそうなヨカン。

「Dr.コトー診療所2006」公式サイト

スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。