avatar image

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第25回

⑦ 「夏、幸せの歩き方」 (25)


 ついに隠し子スキャンダルが記事になった。報道によると、ニコ(永井杏)の父親は宇田川グループの会長ではないかという。美冬(大塚寧々)のマンションには大勢の取材陣が押し寄せる。
 ケイ(木村佳乃)は実家のある北海道へ避難することに。アパート前にも取材陣が殺到していたが、花名子(ユンソナ)の助けもあり、無事に空港へ到着。しかし、空港では森村(鳥羽潤)が待っていた。森村は、ニコの父親と報道された宇田川グループの会長と美冬の関係を話す。美冬が事務所を移籍する時に仲介をしていたのが会長なのだ。記事の内容はどうあれ、傷つけたニコのことだけは許せないケイは森村をひっぱたいて実家へ向かう。こずえ(長山藍子)と、先に到着していたニコが出迎えてくれた。週刊誌を見たケイとニコは騒がれていることに実感できないでいた。

 夜、ケイの携帯に猪瀬(大杉漣)から電話がある。ケイとニコが北海道まで避難したのは猪瀬の計らいなのだ。ケイは猪瀬から美冬が記者会見を開く事とニコの父親は宇田川グループの会長ではないと聞く。
 その後、ケイは美冬に電話する。「ニコは父親のことを知りたがっている。ニコには知る権利があると思う。」とケイは美冬に伝える。

 そして、美冬の記者会見が行われる時がやってきた…


つづく

スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。