avatar image

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『さくらん』 香港国際映画祭へ

先日、ベルリン国際映画祭へ出品された 映画『さくらん』 ですが、今度は香港国際映画祭への出品が決定!!




映画「さくらん」が、20日に開幕する第31回香港国際映画祭の「特別招待・プレミア」部門に選出された。

 先月開催されたベルリンに続く、国際映画祭への出品。自国以外のアジア圏で初めて上映される作品が対象の部門で、今回は同作と「武士の一分」「バブルへGO!!タイムマシンはドラム式」の日本映画3作が選ばれた。同部門のオープニング作品として20日に上映され、蜷川実花監督(34)と出演した木村佳乃(30)、安藤政信(31)が現地入りする。また、木村と安藤は、今年設立された「アジア・フィルム・アワード」のプレゼンターも務める。 (スポニチ より)

元の記事↓
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2007/03/19/12.html



ベルリンに続き、香港ですか。
海外では評価高め?
某映画レビューサイトでは酷評だし、世間的にも評判は芳しくないようで。
個人的な感想としては、私もこれは作品としてはどうかと思うところですが、キャスティングに関してはほぼ完璧。どの役者さんたちもホレボレするような素晴しい演技だったので、映画の行方は気になっちゃいます。

映画祭への出席はというと… あれ? 主演の土屋アンナさんは行かないの?
スケジュールの都合が合わなかったのか?
でも、好きな木村佳乃さんと安藤政信さんが出席ということなので、まぁ、いいっか。
ん? ということはワイドショーをチェックする必要があるな。録画録画と。。。

何度もしつこいようですが、この映画は役者さんたちがよかったので、どの方の魅力も海外のファンに伝わればいいなと思います。なかでも、わたくしのイチオシは木村佳乃さんなので、彼女の良さがより伝われば嬉しいです。

木村佳乃さんと安藤政信さんが出席する「アジア・フィルム・アワード」
http://www.hkiff.org.hk/

映画『さくらん』 公式サイト
http://www.sakuran-themovie.com/

スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。