avatar image

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紫野美冬だってフツーの母親

ニコのお母さん・紫野美冬。

子育てよりも仕事を優先した。育児放棄。こんなことしちゃまずいけど、働く女性としては尊敬できるところもあるかな。
あることを成功させるには何かが犠牲になる。美冬の場合は子供だった。自分の身内でだれもニコの面倒を見る人がいなくなった。でも、ニコの世話をしていたら、せっかくのチャンスを逃してしまうかもしれない。美冬さんは家族を犠牲にしたけど、仕事はちゃんと成功した。自分の意志を貫くところはカッコイイです。

育児放棄はしたけど、ニコの母親までやめたわけじゃない。生活費のお金はちゃんと払ってくれてる。育児をケイに任せる以外はフツーのこと。美冬なりにニコのことを考えてくれてるんだと思います。


美冬を演じた大塚寧々さん。

ドラマを見る前にキャストを知った時、大塚寧々さんの演技に期待してました。ドラマが始まってからは永井杏さんの大人を喰ってしまいそうな演技に脱帽したのですが、寧々さんの演技は杏ちゃんに負けてませんでした。

27話、ホテルでのニコと美冬の会話、大塚寧々さんと永井杏ちゃんの演技は秀逸。
ニコが「ありがとうお母さん」と言って部屋を出ようとするところまで。寧々さんは表情だけで演技してる。美冬の冷静だけど少しびっくりしたような表情がちゃんと伝わってきました。
このシーン始終杏ちゃんには「すげぇ~!」と思ったのですが、最後の寧々さんの演技を見て、「やっぱり大塚寧々さんもすごい女優さんだな」って思いました。

スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。