avatar image

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪役で終わらなかった猪瀬社長

猪瀬社長。

芸能事務所社長という、フツーのドラマなら目立たないキャラかなと思うんですが、このドラマに出てくる大杉漣さん演じる猪瀬社長はみどころいっぱいでした。

ドラマの中での役割としては、ニコりんのパパ探し、「ニコニコ日記」名物(?)のケイとの対決。

社長は仕事の鬼。

ニコりんやケイちゃんにとって敵な存在と思わせておいて、実は離婚して子供がいたり、ガイセイバーが好きという、私的なことも明かされてしまいましたね。

そして、最後には邪魔者扱いしていたニコりんの救世主になり、「社長、実はいい人なのね。」と、ちょっとホッとしたり。

社長を悪役と思ってしまったのは、仕事の面でしかみていなかったからなのかな。
「紫野美冬のために消えてほしい存在」とニコに言ったり、仕事に妥協は許さない人。でも、それはすべて美冬のため。
ニコをケイに預けたのは、悪い人じゃないかもしれない。札束積んで「養女にしてくれ」なんて発言は物を扱うようでどうかと思うけど、社長なりにニコのことを考えていたのかも。

最後にはガイセイバーに扮した社長、最高です!!

脇役なのにこんな魅力的に描かれるのは、脚本の大森美香さんの力量でしょうね。あと、大杉漣さんの演技ももちろんのこと。

猪瀬社長役が大杉漣さんで本当によかったぁ~って思います。

スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。