avatar image

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南九州へ行ってきました。(5)

お待たせしました。
南九州旅行日記の続きです。

次の場所は

南九州市にある特攻平和会館です。
太平洋戦争末期での陸軍特別攻撃隊員の遺影、遺品、記録などがあります。

残念ながら資料館の撮影はNGということなので、周りにあるものを撮ってきました。

081_R.jpg

085_R.jpg
鹿児島・知覧を舞台にした映画『俺は君のためにこそ死にいく』で使用されたよう。


太平洋戦争関連の施設で有名なのは広島の平和記念資料館や長崎の原爆資料館の原爆投下に関する資料ですが、こちらの鹿児島は特攻隊の人々です。
特攻隊は死ぬとわかっている人たち。そんな人たちの遺書を見たらもう辛くて・・・
今の平和があること、日本の恒久平和のために犠牲になった勇敢な若者たちのことを忘れてはならないと心に深く感じました。

ウチの母親が言ってました。「広島のは生々しくてもっとすごくて見ていられなかった」と。
広島や長崎の資料館は修学旅行で行く場所でもありますが、私は沖縄の平和祈念公園でした。
なので広島や長崎のことはよくわからないけど、死ぬ準備なんて出来ていない人たちと、特攻のような死ぬのをわかっていた人たちの鹿児島の資料館とでは違う空気があるのかなって思いました。

――戦争はやってはならない――
――戦争を忘れてはいけない――


つづく

スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。