avatar image

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私的ニコニコ日記13

年末近くなると芸能界はいろんな意味で話題が多くて賑やかになりますね。

先週土曜日放送の「ハッピーバースデー」という家族をテーマにしたスペシャルドラマで大橋のぞみちゃんのお母さん役であり、勝村政信さんと夫婦役だった木村佳乃さん。既婚・子持ち役のオファーがきてもおかしくない年齢だなと思っていたところで今回のニュースがあり、プライベートでもやはりそういうことを真剣に考える時期なのかなという気がします。

人生何があるかわかりませんが、ファンとして佳乃さんにはぜひ幸せになってもらいたいです。

(サンスポ、先走るなよ…)

※「ハッピーバースデー」視聴率、関東地区は10.9%でなんとか二桁台にのりましたが、関西地区は15.6%という好視聴率でした(開きがありすぎる)。15%台なら合格ラインでしょう。関東地区より関西地区の方が全体的に視聴率高めで、関西人はテレビ好き?もともとこういう社会派ドラマというのは数字が取りにくいもので、最近だと同局の水谷豊さん主演ほか超豪華キャストが集まった「誰かが嘘をついている」でさえ9.8%におわってしまい、豪華俳優陣を集めたいかにも視聴率を狙ってそうなドラマ(最近だと「黒部の太陽」とか)以外の開局特番というのは地味なキャストでも適材の役者を配置して面白さよりも質を重視したドラマが多く、やはりそういう開局番組ほど数字が取れず一桁が多い中でハッピーバースデーは健闘した方だと思います。原作を読むとたしかにイメージとは役者さんが違うんですが、そういう先入観を捨ててドラマを見ると役にあった俳優さんばかりで個人的には申し分のないキャスティングだったと思っています。爆笑問題の田中さん、いい役もらいましたね。ハッピーバースデーは育児放棄や言葉の虐待など見るのを嫌悪しそうな内容ですが、あえてそれをゴールデンタイム放送に挑戦したフジテレビさんの心意気は評価したいです。「探そう!ニッポン人の忘れもの」プロジェクトはフジテレビの情報番組全スタッフが総力をあげて制作しているということで、今回のドラマもそのプロジェクトの一環であり、ドラマを制作したのはドラマ班ではなく情報番組班だということです。正直、高視聴率のわりにつまらない月9を見てるよりはよっぽど良かったと思います。ドラマの数字としては振るいませんでしたが、部署の垣根を越えて制作した番組が10%でもいけばよくがんばったと私は評価したいです。視聴率にとらわれることなく、現代社会に必要な良質ドラマをこれからも時々でいいので制作していってほしいなと思います。

それから、今年2月にWOWOWで放送されたドラマ「兄帰る」がDVDになるそで。
ありがとうございます!
買います!
大好きな木村佳乃さん(主演)と津田寛治さんが出てるので購入させていただきます。
録画できなくて動画で一度見ただけだったのでDVD化はうれしいです。

舞台「星の大地に降る涙」もDVD化されるとのこと。
やったぁ~!
こっちも買っちゃいますよ!

佳乃さん祭りだぁー☆ミ
これで「ハッピーバースデー」もDVD化してくれたらいうことなしですね。(^_-)-☆




今日はあの頃の日記シリーズです。

前回から1か月くらい飛びます。

ニコニコ日記一周年の時の話です。


2004年8月18日(水)

diary040818_convert.jpg

ニコニコ日記放送開始から1年が経ちました。
昨年の今日、ケイとニコちゃんが萌黄台の玄関で運命の出会いをしたんですね。
私も夜11時になるのを楽しみに待っていた頃だと思います。
懐かしい。

 ニコニコ日記が終わって1年、長いようで短かく感じました。この1年でいちばん長く感じたのは掲示板終了からDVD発売までの3カ月間だったなぁ。その後は私が環境の変化とかいろいろごたごた続きだったのでいつの間にかこの日まで来たという感じです。

ニコニコ日記1周年ということで、本当ならドラマ鑑賞会でもやりたい程まだこの頃はニコ中がひどい時でしたが、残念ながら夏休みで実家に戻ってきていたためにデッキが自由が使えなくて見れませんでした。ひとり暮らし先のアパートに当時録画したテープも買ったDVDも持って行ったけど、DVDは実家に帰る時は必ず持ってきてました。隙があればいつでも見ようと企んでいたので… 元気を出してのCDも長い電車時間の中で揺られながら聴いてました。そんなすごくハマっていた1年後のことも今ではすっかり懐かしい思い出です。

スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。