avatar image

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

優秀助演女優賞!

木村佳乃さん、映画『告白』で第34回日本アカデミー賞優秀助演女優賞受賞、ひとまずおめでとうございます!!

佳乃さんファンにとって久々にうれしいニュースを聞きました♪

佳乃さんの日本アカデミー賞受賞は第21回で新人俳優賞(失楽園)、第29回で主演女優賞(蝉しぐれ)、そして今回で3度目、初めての助演女優賞です。
主演はその作品にいることだけで存在感あるけれど、助演は印象を残すためには演技力が必要ですから、主演に選ばれることよりも助演での受賞の方が難しいのではないかなと思います。
まぁ、受賞に規制がある日本アカデミー賞は日本の映画賞の中でいちばん信用できない映画賞だと思うので、正当に評価されてるかといえば疑問ですが、佳乃さんの今回の受賞は客観的にみても妥当な人選だと思います。
最優秀賞、ぜひとってほしいなぁ。
告白における佳乃さんの世間での評判は高く、今年の映画賞に入らないのは不思議なくらいともいわれています。
ネットや某掲示板でも佳乃さん予想候補にあげて応援してくれているのでうれしいです。
佳乃さん、30歳を過ぎてからの女優としての輝きがすごいと思う。
ステキ。

アカデミー賞もいいけど、新聞社が主催する映画賞も一社くらいは取ってほしいな。
すでにヨコハマと報知は結果が出たのかな?
佳乃さん、報知映画賞はいちおうノミネートにあがってました。
(報知映画賞といえば「蝉しぐれ」で市川染五郎さんが主演男優賞に輝いてたな。これも嬉しかった。)
主演はだいたい限られてくるけど、助演の方は分散されるのでチャンスはあるはず。

告白は海外でも評価されてますし、佳乃さんの演技もよかったです。
見た時、これは日本アカデミー賞クラスかなと思い今年度の日本アカデミー賞にノミネートなるかなぁ~と淡い期待をしておりましたが、予想通り受賞となりました。

『告白』組からは松たか子さんが2年連続主演女優賞、しかも昨年度では最優秀賞にも輝いてます。
同じく岡田将生さんが助演男優賞。
今年は松さん司会ですが、同じく監督や岡田さんもいるので寂しくないかな。
前回「蝉しぐれ」の時は、主演男優賞の市川染五郎さんが舞台公演のため途中退席してしまったので、役者さんが佳乃さんひとりぼっちでさみしかったんですよ。
だからカメラもなかなか回って来ませんでした。
受賞者が多かった、「ALWAYS三丁目の夕日」や「北の零年」陣ばっかり映って…
今年は松さんと一緒、蝉しぐれでは染五郎さんと一緒に受賞で、佳乃さん、幸四郎ファミリーとアカデミー賞で縁がありますね。

それにしても、今年度は佳乃さんが前回受賞した第29回のメンバーとけっこうかぶってる。
さすが日本のアカデミー賞。(笑)
だって、妻夫木聡さんに豊川悦司さんに堤真一さん。
吉永小百合さん、寺島しのぶさんや薬師丸ひろ子さんもそうでしょ。
ただ、面白いのが、第29回の時は主役級の役者さんが助演というのが多かったけど、今回はみなさん主演。
逆に前回主演だった佳乃さんは助演。
こういう発見があるのも楽しいです。

もうひとつうれしかったのは、ここのブログで応援しているドラマ「ニコニコ日記」で高橋晃太郎を演じてくださった沢村一樹さんと松本先生を演じてくださった古田新太さんも出演している「十三人の刺客」も作品賞を受賞しました。
メガホンを取っているのは三池崇史監督!
三池さんやりますね!
日本映画は時代劇もしくはアニメーションが素晴らしいと思うので、年配の日本アカデミー賞協会会員が好きそうな藤沢周平以外の作品が選ばれるのは良いと思います。
「十三人の刺客」はキャストがなかなか豪華。
イイ男が揃っています。
これはDVD買いかも。
この作品、山形県の庄内映画村オープンセットで撮影されたらしく、同じく庄内で撮影された佳乃さんの「蝉しぐれ」を思い出しました。
さらに沢村さん出演の山形スクリーム、佳乃さん出演の「スキヤキ・ウエスタン・ジャンゴ」もこちらで撮影されています。
うーん。これも何かの縁ですね。

しばらくはアカデミー賞祭りだぁ!!

各部門の最優秀賞は来年2月18日(金)に発表です。

日本アカデミー賞公式サイト
http://www.japan-academy-prize.jp/

スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。