avatar image

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真田丸 第8回 「調略」

第8回
「調略 ~人の心~」

第8回みどころ
・小物感漂う北条氏直
・父上の隠された陰謀
・叔父上も黒かった
・春日信達暗殺
・上杉景勝もいい人

今回は昌幸が黒い!黒すぎる!!そして弟の信尹も黒いのか~。最初は本当に春日信達を調略させることが目論見かと思ったら、信達が殺されて「何事!?」ってなってからどんどん引き込まれて面白かったですね~。信達を上杉から北条に寝返らせるのは昌幸の策の通過点にすぎず、春日殿を利用して、すべて自分の思い通りにしてしまった昌幸の策士ぶりは今までの中でいちばん黒かったような気がします。でもこの昌幸の腹黒さを魅せる展開が面白くていいです。
今までどちらかといえば人間不信になりそうなくらい父上に振り回されたのは兄上でしたが、とうとう父上の策士ぶりに信繁も震えそうで大変な息子たちですね。(^^;) でもそういう父上の背中を見て育っていくんだろうな~。

北条氏直のしゃべり方が気持ち悪くて(褒め言葉)イラッとしますね~。(笑) しかも無能さが漂っているのにあの態度ですから。計算された演技でしょうからいいんですけど、親子揃ってゾクゾクする感じがたまらないです。
上杉景勝は春日信達のこと大事にしててやっぱりこの人もいい人なんだな~。三谷さんの描く敗者は結局みんないい人で、人間らしさがあって、見た後には心地いいですね。

きりちゃんは発言が過ぎなければ可愛いな~。逆に梅ちゃんにしたたかさが見えてきた気がして、今までどちらかといえば梅ちゃんの方が好かれる感じだと思いますけど、きりちゃんがヒロインらしく見れるようになるかもしれませんね。きりと梅との三角関係も今後どうなっていくのか楽しみです。

スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。