FC2ブログ
avatar image

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真田丸 第10回 「妙手」

第10回
「妙手 ~誰も死なせぬ策」

第10回みどころ
・沼田領争い
・徳川の策
・誰も死なせない信繁の策
・婆様生還
・梅ちゃんご懐妊

徳川と北条の突然の和睦でまたもや困惑の真田家ですが、昌幸の策士ぶりが相変わらず冴え渡っていますね~。沼田の領地を取られたくない真田と、北条に沼田を渡したい徳川の策の張り合いが面白いです。
しかし、おかげで人質をたらい回しにされて徳川にいた婆様が無事に真田に帰れてよかったです。信繁も信幸も婆様との再会に喜んでいましたが、信幸の言葉は聞こえない婆様も健在で安心。信幸も笑って返すことができて、今回徳川チームもおふざけなしで全体を通して真面目でしたので、そういう時にこそ真田家の絆や明るく楽しい姿を見れるのは一番です。

浜松城に乗り込んだ信幸が昌幸の名代として頑張っていましたが、予告の「じゃがではござらーん!!」が気になっておりました。てっきりギャグっぽい感じなのかと思っておりましたが真面目なシーンでしたね… 基本真田家は素っ頓狂な言動が目立つ人ばかりな中で堅物の嫡男信幸ですが、驚いたときのリアクション「はぁ?」とか「父上!」って発言で素っ頓狂な声を出す時があるのも面白くて笑えます。

北条を撃退するために裏切った上杉に力を借りるとか、生き残るためならなんでも利用する昌幸のコロコロ変わる態度は面白いですね~。北条が真田を撃退するという戦芝居、この誰も死なせない信繁の策に乗ってくれた上杉景勝いい人で良かったよ。実際下手な猿芝居でしたが。(笑)
そして、北条の陣営に紛れ込んで噂を広める佐助が今回もいい仕事してますね~。佐助は忍びで表にはあまり出て来ないため登場も少ないですが、毎回ちょっとな活躍ながら大事な役割を担っており、演じているのが藤井隆さんというのもまた面白いです。
NHKらしいキャスティング部分もありますが、基本三谷ファミリーですよね。三谷さんが役者さんの希望は言うけど自分にはキャスティングする権利はないって言ってましたが、ほぼご希望に沿ったキャストじゃないでしょうかねぇ。藤井隆さんとか高木渉さんとか迫田孝也さんとか栗原英雄さんとか、三谷さんお気に入りの俳優さんたちが大河初出演だったりドラマ初出演で重要な位置に配役されてますしね。

今回は昌幸さん策を考えるも活躍したのは二人の息子で、家族で力を合わせて危機を乗り越える、これが戦国大河ホームドラマなんだな~と感じるところです。信繁が主人公ながら、あくまでも真田家目線で物語を進めるところが真田丸の良さのひとつであり、真田家が愛おしくなってしまいます。

父上の役に立ててご満悦の信繁ですが、その力になってくれた梅ちゃんが自分の子を身ごもり、恋愛の方も進展が出てきて、信繁が大河の主人公らしい展開になってきました。
ただね、ごめんなさない、今回主人公の相手の女の子にだれも共感ができなくて、正直信繁の恋愛パートに惹かれないです…
今回はきりちゃんの発言にイラッとするだけでした。ヒロインに一番共感できないって今までなかったので、今後きりが信繁の側室になる展開とかも期待していないのですよ。これは真田丸見る点で結構ネックな部分になるかも。(^^;)

明日は第11回
信繁と梅と祝言をあげます。
が、その裏でなにやら起こりそうです。
どうなるんだろう?

スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。