FC2ブログ
avatar image

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真田丸 第11回 「祝言」

第11回
「昌幸暗殺 祝言」

第11回みどころ
・信繁と梅結婚!
・母上説得大作戦
・おこうさんの雁金踊り
・狙われた昌幸
・室賀正武の最期

華々しい祝言の裏で徳川の昌幸暗殺が企てられるという、光と闇が同時にバタバタと進む展開はさすが三谷さん。祝言のシーンは明るくコミカルに、暗殺関連のシーンは静かにシビアに進むバランスも良いです。
ひとりだけ祝言に反対する母上を佐助や三十郎を巻き込んで説得するも失敗に終わるとか、わがままな母上のシーンはコミカルで楽しい~。こういう女性陣のシーンは要らないって人いますけど、それ以外のシーンは暗殺、裏切り、騙し合いとか、陰惨ばかりで暗くなるので、少しでも明るくなるためにも女性陣のこういう役割は必要だと思います。
信繁の小細工が失敗に終わり昌幸パッパが説得するも今回も調略できず。(笑) やっぱり薫さん最強かも。(笑) でも、昌幸さんと二人きりになると乙女になる薫さんはやはり可愛いなぁ~。

きりは二人の結婚を祝福していますが、無理して明るくしているのがわかるんだけど、外で泣いていたシーンがわざとらしくて、あれは演出だったのかな。
一方で梅は信繁の側室となった途端に態度が偉くなりました。こういう女イヤだよね~。信繁や周りの発言に理解し、できた嫁に見えますが、したたかさが感じられて梅ちゃんの株ダウン。おそらくこの回はきりちゃんにヒロインとしての立場を示し、それまで優性だった梅ちゃん株下げの意図もあると思います。

祝言の裏では徳川による昌幸暗殺計画が実行されようとする中、それを知って逆に室賀を仕留めるとか考えるあたりも三谷さんらしくワクワクする感じで見ていて楽しいです。
結局室賀さんは真田一族に暗殺されてしまいますが、どんなに室賀のことを嫌と思っても、本心では昌幸さんはしたくなかったんなろうな~。室賀さん暗殺切なかったよ…
暗殺現場を目撃したきり。なるほど。三谷さんの言うきりが視聴者にいちばん身近な存在というのはそういうことか。きりだけは現代目線や感情なのは、あえて視聴者と同じ目線になっていたり、狂言回し的な役割があるんだろうな。だから、序盤できりではなく姉上がヒロインのような立場に見えたのかもしれません。姉上も現代感覚に近いところがあってきりに似てますからね。あそこに現代のきりは要らないって言いますけど、あそこできりがいなかったら陰惨すぎて室賀氏があまりにも切なすぎます。
そして、あそこにきりがいたからこそ、悔し涙する信繁のシーンにも意味があるのですよ。信繁も男性陣の中では現代にも通じる感覚がありますし、きりがあのような立場を取っていけば信繁が人としてきりを受け入れていく流れが見えるので、きりのヒロインとしての存在意味というのが理解できた気がします。
ただね、それでもきりの行動にはイライラしますけどね。(-_-;) あそこで何で信繁連れてくるかな~とか、余計なことをするな、とは思いますね… そういった意味ではきりちゃんは理解できません。

今週は信繁の義姉・おこうさんも活躍でしたが、もう一人の姉上の松さんは今頃何してるかな…
再登場まで10回分欠席ですがやっと半分過ぎました。あと5回過ぎれば松さんが帰って来る…茂誠さまも一緒に帰ってきてほしい…ラブラブ夫婦早く見たいよ~(´;ω;`)

第12回は「人質」
室賀正武暗殺で徳川との対立は避けられそうにありません。
一体どうなってしまうのでしょう。
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。