FC2ブログ
avatar image

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真田丸 第15回 「秀吉」

第15回みどころ
・優しくも怖い秀吉さま
・動揺景勝さま
・千利休の茶室
・秀吉一家の家族団らん
・真田の息子は信繁だけじゃない

タイトル通り、大坂の主役である秀吉にスポットが当たる回。これまで秀吉を演じた俳優さんもたくさんいますが、小日向文世さんの秀吉はあの優しそうな表情の裏に怖さも見えて面白そうです。
一家の家族団らんシーンは和んだけれど、ナレーションにもあった今後何かが起こりそうな予感。それに茶々が立花権三という男と目配せしていたのを見ていた表情がそれまでの穏やかさから一瞬にして変わったのが怖いよ。この人大丈夫かな?

秀吉から真田には加勢するなと言われて動揺の景勝さま。景勝さまはいい人すぎて何かしてあげたいけど実際には何もできない、こういう人が追い込まれると悲しいよ。「生涯で一番苦い茶であった」の台詞が景勝の苦悩を表していて気持ちが胸に響きました。

大坂編新たな人物も続々。後に娘が信繁の正室になる大谷吉継。今後信繁とどう関わってくるか楽しみです。演じているのが今話題の片岡愛之助さん。そういえば大河には歌舞伎俳優枠もありますねー。むしろ歌舞伎俳優は突然の主役に抜擢される場合も多いですが、歌舞伎で培った確かな演技力があるので脇役でも存在は光ります。
千利休役は桂文枝さん。なんか見て納得。大御所俳優が演じるのもいいけど、違うジャンルの人が演じるには味があっておもしろい人物になるんだと思います。襖を開けたら「いらっしゃ~い」が聞けそうな気がしてつらい。(笑)
秀吉の奥方・寧役は鈴木京香さん。寧々役もいろんな女優さんが演じてますが、京香さんの寧も歴代の寧々のイメージとは個人的には違うと思うところですが、これも三谷版ということなのでしょうね。
そして愛知を舞台にしたドラマではお馴染みの山田昌さんを久々に見ましたが元気そうでなによりです。昔木村佳乃さん主演のNHK月曜ドラマシリーズ「名古屋仏壇物語」にも出ていたな~。
大坂編がメインになって天真爛漫な茶々もいるしきりの存在がフツーになってきた感じがします。見慣れたせいもあるのかきりのうざさは相変わらずですが可愛いです。

一方真田家は秀吉からの上洛催促に慎重になっている昌幸パパとまた何か思い詰めている信幸くん。昌幸さんと薫さんの夫婦のシーンは安心するな~。膝枕のシーンまた出た~。気が強い薫さんだけど、昌幸さんのこと大好きだし、よくわかってるよね。そして、昌幸さんが信繁寄りなところを、薫さんが信幸を案じているのがちゃんと母の顔。旦那様を信頼し癒し良い夫婦。娘の松がおしどり夫婦になるのも、両親夫婦を見ると納得です。
たしかに真田家は信繁>信幸という感じで信幸は父上に騙されたり蚊帳の外で見ていても可愛そうなところがありますが、信幸の活躍はもっと先にきっとあるはず。兄上の頑張りも今後の期待です。

次回第16回
なにやら秀吉の怖さが…
家康チームの動きも気になります。

スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。