avatar image

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真田丸 第16回 「表裏」

第16回
「清正井戸表裏」

第16回みどころ
・秀吉の家来になる信繁
・殺された立花権三
・加藤清正と井戸
・千利休にフラグか
・過保護な本多忠勝

上杉が豊臣に下りました。越後に戻った景勝さまでしたが、信繁は大坂に残り豊臣の馬廻り衆に。最初は驚いていたけど、豊臣の動きが探れるかもと前向きに据えるあたり、信繁らしいし成長したなー。
一方で相変わららず鬱陶しいきりですが、信繁とのやりとりには慣れてきたので少しは温かい目で見れるようになりました。きりちゃんの「源次郎さまの傍にいたい」の告白に「いなくていい」とか、きりの女性としての想いはまだまだ信繁には届きそうにないですが、いいコンビになってきました。
でも、結局きりちゃんも大坂に残って寧さんの傍に使えることに。(笑) この二人のケンカのようなやりとりはすでに夫婦漫才的で面白い。この後側室になるんだろうけど、今の距離くらいが面白くていいなとも思います。

馬廻りだった立花権三が死んだという噂ですが、やっぱりこの人消されましたか~。前回の放送で茶々と目配りしていた人ですよね。秀吉の命で加藤清正が突き落としたとか、清正自身がしたこととか、真相は信繁にとって真犯人は謎です。これまでにもいろんな人が暗殺されており時代劇ではよくあることですが、三谷さんの脚本に殺人事件とかが起きるのは時代劇だからとか関係なく思えるのはやっぱりあのドラマのせいでしょうか。(笑)

茶々から漂う危険な香り。信繁も警戒心も強めていますが、そなこととは裏腹に信繁に近付く茶々。大坂編は茶々がいろいろ振り回してくれそうでドキドキです。
でも、秀吉の優しさの中に見える怖さとか、茶々の危なさとか、その中で誰かが死ぬとか、大坂城怖いよ…

徳川に新しい人物、本多忠勝の娘・稲が登場。自分も真田討伐したい、とこれまたたくましい女性。で、娘に対して過保護な本多さんが微笑ましいなー。やっぱり男性にとって娘って可愛いよね。でも、稲って今何歳の設定?吉田羊さんでは無理があるような。
堺雅人さんとか木村佳乃さんとかも十代の若々しい演技に賛否両論ありましたが、私はお二人に関しては役になりきってるしそれらしい行動や振る舞いもみえて違和感はなかったのですが、稲さんに関しては見た目にも違和感あります…ここらへんは大河あるあるなのでもう多めに見るしかないですけどね。(;´Д`)

真田丸紀行の小田切アナのナレーションに笑った~(笑)

次回は17回「再会」
いよいよ姉上が帰って来る!
家康も上洛か。
いろいろな再会が描かれるのかな。
楽しみです。
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。