avatar image

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真田丸 第19回 「恋路」

第19回
「恋路」

第19回ハイライト
・茶々に振り回される源次郎
・徳川と真田の縁組
・加藤清正が九州へ
・茶々を口説く秀吉
・茶々が秀吉の側室に

大坂では源次郎が相変わらず茶々に振り回されてますねー。おかげで男女の仲と疑われるような噂が。信繁が必死に逃げ回っているも無邪気に茶々が近寄ってくる絶妙な距離間が面白いなー。茶々様が本気で源次郎に惚れている、という感じではなさそうだけど、気に入られているのは間違いなさそうだし、みんなから言われているように信繁に隙があったのでしょうねぇ。
でも、茶々が秀吉の側室になって解放されてよかったよ。殿下がいつお怒りになるかと思うと、信繁じゃないけど見ていてヒヤヒヤしますから。でも、不思議な糸で結ばれている、同じ日に死ぬ、という茶々の言葉が終盤へ繋がりそうで意味深ですね。

小さいころから人が殺されていくことを見て悲しまなくなったという茶々への秀吉の優しさがもう口説いているようにしか見えません。(笑) しかも寧とは戦仲間、色恋はない、とか、あっさり言っちゃうのが可笑しいような悲しいような。(笑) でも、妻の前で茶々に惚れたと言えちゃうところとか、そんな夫の告白にもでんと構える寧さますごくて、たしかに恋というより信頼できるパートナーみたいな感じにも見えますね。

茶々が正式に秀吉の側室になって、有働アナのナレーションにもあった、これが秀吉政権の崩壊への道のりになりそうで、果たして三谷版戦国大河はこのあとどう描かれるのか楽しみでもあります。

一方、真田では徳川との結束を強めるため、信幸に本多忠勝の娘・稲との縁談が持ち込まれましたが、おこうさんはどうなるの~?離縁すればいいって、そう簡単に言われても… 昌幸パッパもあっさり了承とか鬼畜だ。(笑) 
稲さんも徳川と真田の架け橋になりたい、とか言ってもあれほど嫌がってたわけだし、稲さんはのちの小松姫になる人なので、今後どうやって信幸と心を通わせていくのかもみどころですね。でも、やっぱりおこうさんとの行方が心配…

姉上は大坂に残らず、父上や源三郎と一緒に真田に戻りそうでよかった~。でも、途中寄った岡崎城が一度も来たことがないのに覚えてないとか、源三郎を源次郎と間違えるとか、記憶が混乱しているようで完治ではなさそう。姉上にもまだまだ何かありそうです。

次回は、秀吉さまがお怒りの様子。
源三郎も無理だと嘆いてますね。
何がどうなるのでしょうか。

スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。