avatar image

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第13回

④ 「秋、家族のかたち」 (13)


 10月になり、ケイ(木村佳乃)と晃太郎(沢村一樹)はニコ(永井杏)を交えながらデートを重ねていた。ある日、3人で出かけた遊園地で、晃太郎は子連れデートに不満顔だが、ニコともすっかり仲良くなり、その姿はもう本当に家族のようにしか見えない。そこで家族と間違えられた3人は一緒に写真を撮る。
 子連れデートのことをケイから聞いた花名子(ユンソナ)は、晃太郎をプロデューサーとして自分に紹介してくれるなら時々ニコを預かるという約束をする。

 そんな折、ケイの母・こずえ(長山藍子)が北海道から上京してくる。他人の子供を預かっているケイを心配してやってきたのだ。こずえは、ニコとは暮らさない方がいいとケイを説得し始める。そんなこずに対してニコはつれない態度。

 そんな中、猪瀬(大杉漣)から呼び出されたケイは、「高橋プロデューサーと別れてほしい。」と告げられる…


つづく

スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。