avatar image

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第17回

⑤ 「クリスマス、決心」 (17)


 ニコ(永井杏)の父親のことが気になり始めるケイ(木村佳乃)は、晃太郎(沢村一樹)との三人の暮らしに夢をふくらませる。
 ニコは拓海(宮田雄史)に家族の事で嘘ついていたことを話して以来、顔を合わせるのが気まずく、通学路を変えて登校するようにした。


 季節は変わり12月―

 ある日、猪瀬(大杉漣)と会ったケイは、ニコの父親のことを訊くが、猪瀬にも誰なのかわからない。逆に、猪瀬から晃太郎を父親として疑っていることを見抜かれ、本人に確認してほしいと頼まれる。晃太郎はニコの父親ではない、と猪瀬に言ったものの、やはりケイは晃太郎がニコの父親かもしれないという考えも捨てきれないでいた。
 夜、晃太郎がケイの部屋を訪ねてくる。週末のニコ付のデートの話をした時、晃太郎がニコの父親についてケイに訊いた。ケイは晃太郎をベランダへ連れ出し、女優と付き合ったことがあるか訊いた。晃太郎はあきれながらも、女優と付き合ったことはないと否定した。そのままいい雰囲気になった二人。ベランダでキスする二人をニコが目撃してしまう。

 翌朝、ニコが目覚めると、横でケイが眠っていた。ニコはケイに「コウちゃんと結婚したい?」と訊き、「いつかはね。」と答えるケイ。急接近する二人を見て、ニコは二人が結婚するかもしれないと感じ始めるようになる。
 一方、仕事へ出かけた晃太郎は、テレビ局で美冬(大塚寧々)と会う…


つづく

スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。