avatar image

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2回

① 「春、出会い」 (2)


 ケイ(木村佳乃)の元に美冬(大塚寧々)の隠し子・ニコ(永井杏)がやってきた。ニコから受け取った手紙によると、今までは美冬の実家で育てられていたが、美冬の母親が他界し、自分も仕事でしばらく日本を留守にするので、その間ニコを預かってほしい。というものだった。
 ちょうど美冬から電話が入る。ケイは美冬に事情を説明してほしいと言うが、逆に、付き人を辞めるときに貰った小切手の話をされ、何もいうことができない。ケイは美冬からもらった300万円でシナリオスクールに通っていたのだ。美冬はすぐにニューヨークへ発たなければならず、電話は一方的に切られてしまう。
とりあえずニコに自己紹介。ニコの話によれば、2ヶ月以上も彼女を預からなければならないという。

 翌日、ケイは晃太郎(沢村一樹)からの電話で目が覚める。ケイは晃太郎に世話をしてもらっていた仕事が間に合わなかったようだ。
 晃太郎がケイの部屋を訪ねて来る。ニコのことを訊くが、ケイは親戚の子供だと嘘をついてしまう。何に対しても人生流されてばかりのケイに晃太郎は愛想を尽かし帰って行く。ケイは「あなたのせいよ!」とニコにつらくあたってしまうのであった。


つづく

スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。